不正アクセス監視サービス(EINS/MSS)

概要

ログ監視からアラート通知までワンストップで提供

自動分析エンジンによるセキュリティデバイスログの分析やサイバー攻撃の検知により、お客様のネットワークに対する外部攻撃や不正アクセスを24時間体制で監視します。
また、発生したイベント内容や報告内容に対してのサポートもワンストップで提供します。

対象のお客さま

こんな方から選ばれています

・攻撃・不正アクセスなどを常時監視したい
・最新の攻撃手法にも対応したい
・セキュリティ専門のスタッフを確保するのが難しい
・セキュリティ機器を設置しログの収集もしているが危険性の判断がつかない

利用シーン

セキュリティ対策コストの削減と最適化を行いたい

ランサムウェアなど昨今のサイバー攻撃は多様化、高度化しており、攻撃による被害を防ぐには、24時間体制の監視による素早い検知、対応が欠かせません。
しかし、これを社内リソースのみで実現しようとすると、コストや人員確保の面でクリアできない課題が立ちふさがります。
本サービスでは、24時間体制で不正アクセス監視・分析・通知を行うため、セキュリティ人材が不足している企業でも、迅速にハイレベルな安全確保を実現できます。

特長

インテックへのアウトソーシングで実現する3つの安心

24時間リアルタイム監視
お客様のネットワークで発生したセキュリティアラートやログなど、監視対象から挙がる全てのログを自動的に収集し、セキュリティアナリストが常駐する監視センターでリモート監視します。


最新の自動分析エンジンでサポート体制
検知したイベント内容や報告書内容に対するQ&Aを電話またはE-mailでサポートします。
また、発生したイベントは危険度を判定し、連絡が必要と判断したもののみ通知します。


最新の攻撃への対応を低コストで
セキュリティログ監視を、最新の攻撃手法にも対応可能なセキュリティ専門スタッフにアウトソーシングしていただくことで、セキュリティ対策コストの削減と最適化を支援します。

主な機能

お客様のご要望に応じて、2つのメニューからご選択いただけます。

【エントリープラン】

UTMのセキュリティログ収集・分析・通知をすべて自動化し、低価格でのサービス提供を実現

トラフィック量の少ないシステムや、UTMのみを導入しているシステムの監視を行いたいお客様におすすめのプランです。

エントリープランの機能・特長

【低価格なセキュリティ監視サービス】
自動分析エンジンによるログの分析やサイバー攻撃の検知、アラートの自動化により、24時間365日のセキュリティ監視サービスを低価格で提供します。
また、アラートの詳細や対応方法についてはWebポータルより確認することが可能です。

【短期間で利用可能】
ご使用のUTMのログを弊社クラウド上のログサーバに送信するだけで、サービスをご利用いただけます。
お客様で設備を新たに用意する必要はございません。

【複数拠点のUTMのログをまとめて分析】
UTMのログは8台までを分析することができます。
拠点が複数ある場合も1つの契約でまとめて監視することが可能です。

【ベーシックプラン】

複数の監視機器のセキュリティログ監視から変更作業まで要件に応じて個別に対応可能

トラフィック量の多いシステムや複数の機器の監視が要求されるシステムをお使いのお客様におすすめのプランです。

ベーシックプランの機能・特長

【攻撃の分析、危険度の判定】
分析エンジンから通知されるアラートは内容により、4つに分類されます。
SOCアナリストがハンドリングし、必要と判断したものに関して、電話やメールなどあらかじめ設定された通知方法で連絡します。

【複数のセキュリティデバイス(FW、UTM、IPS、WAF、ホスト型IPS)に対応】
様々なセキュリティ機器のログ監視を行えます。
月次レポートも機器ごとに提供します。

【機器の運用もお任せ】
セキュリティログの監視だけではなく、FW/IPSの設定変更作業もお任せください。
お客様要件に応じて設定変更作業を実施します。