統合認証サービス

概要

統合認証基盤・環境をインテックがワンストップで提供

インテックが提供する統合認証サービスは、SaaSの「いつでも・どこでも」の便利さを損なうことなく、お客様が安心・安全に利用するために「認証強化」、「ID情報の統合管理」、「シングルサインオン」を実現するサービスです。



【統合認証基盤とは】
ユーザが、社内システムやSaaSなど複数のシステムを安全に利用するため、ログイン認証やIDの管理などを統合的に行うための仕組みやシステムのことです。
ユーザのログインに必要な情報を統合管理することで、ユーザ・管理者どちらの負担も減らすことができ、よりセキュリテイの高い環境を実現できます。

対象のお客さま

こんな方から選ばれています

・SaaSの利用を推進したいがセキュリティが心配
・利用するSaaSごとにログインIDやパスワードを入力するのが面倒
・利用するSaaSが増えるたびに、管理するIDも増えメンテナンスの負荷が高まっている
・新たにセキュリティ基盤を構築するのは工数もコストもかかり大変だ

利用シーン

SaaSの利用を検討しているが、 IDとパスワード認証だけではセキュリティ面が心配

統合認証サービスは、クライアント証明書を発行することができ、SaaSにアクセスできるスマートフォンやタブレット端末を限定できます。
セキュリティ強度を高めるとともに、ログイン操作の簡略化によるユーザビリティ向上にもつながります。
また、利用するシステムやSaaS毎に登録・管理が必要だったID情報を統合認証サービスで統合管理することで、システム管理者の運用負荷の軽減や管理コストを削減できるだけでなく、ユーザの権限に合わせた正しいアクセス権の付与や退職者などの不要IDの即時削除によるセキュリティの強化も実現します。

主な機能

SaaSへの認証代行機能

Office365やG SuiteなどのSaaSを利用する際の認証を統合認証サービスが代行します。
サービスに直接IDとパスワードを入力してログインする機会を減らすことで、パスワード漏えいの脅威を減らします。
また、SaaSへのログイン認証をより強固にするため、サービス標準でクライアント証明書を利用した認証を提供します。クライアント証明書は、「なりすまし」による不正入手や対象端末以外での利用を制限できるため、企業が利用を認めていない個人デバイスからの不正アクセスを防止することが可能です。

ID情報の統合管理機能

統合認証サービスのWeb管理画面で登録したID情報やCSVファイルで一括アップロードされたID情報をSaaSに自動連携することが可能です。利用するシステムごとに発生していたID情報の登録・更新・削除などのシステム管理者の作業負荷を軽減し、登録ミスや不要IDの削除漏れといったセキュリティリスクを回避することが可能です。

シングルサインオン機能

一度統合認証サービスへログインすることで、ユーザは連携するSaaS間でシームレスな移動が可能になり、再度ログイン認証を行う煩わしさがなくなります。
社内で利用している社員番号等のIDをSaaSのログインIDに利用することも可能です。