Office365月額課金サービス(EINS/MCS まかせてoffice365)

概要

月額料金でマイクロソフトの「Office 365」が使えるサービス

Office 365は、Microsoft社のWord・Excel・PowerPointといった使い慣れたMicrosoft Officeをはじめ、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Onlineなどのメールやグループウェアをクラウドで提供するサービスです。
本サービスのご利用で、Office 365の豊富なサービスの中から、必要なサービスを月額課金でご利用いただけます。

また、インテックが管理者向けサポートを無償で提供するほか、豊富な導入経験を活かした導入作業サポートやセキュリティソリューションとの連携、教育サービスなども提供します。

対象のお客さま

こんな方から選ばれています

・Office365を導入したいが詳しい人材がいない
・Office 365導入にあたって自社管理者へのサポートが欲しい
・グループウェアの刷新を検討している
・EINS WAVEのクラウドサービスを利用している

利用シーン

既存のメールシステムから、Exchange Online に移行したい

既存のメールシステムからExchange Onlineに移行する場合は、アドレス帳などの各種オブジェクトの移行や新環境へのメールアドレス登録など事前設定が必要です。「Exchange Online導入支援サービス」を利用することで、初期設定、登録を手間なくリーズナブルに行えます。

Office 365 をシングルサインオンで利用したい

Office 365を組織内でセキュアに利用するには、社内のActive Directoryと連動したシングルサインオン環境の導入が必要です。「Office 365 SSO インフラ導入サービス」を利用することで、Active Directoryのディレクトリ情報をOffice 365に同期させる仕組みを構築し、シングルサインオン環境での利用が可能になります。

主な機能

サブスクリプション単位での月額請求

Office 365のサブスクリプションをインテックが開設し、お客様の申込内容に応じたOffice 365 ライセンスを提供します。料金体系は、Office 365の導入シート数(ID数)に応じた月額請求となります。常に最新のアプリケーションを利用できるとともに、利用者数の増減に柔軟に対応します。

インテック独自の管理者向けサポートを提供

Office 365の月額料金内に、管理者向けサポートが含まれています。(24時間365日メールで受付、平日9:00~17:00にて対応)
インテックが一次受付・回答し、当社のナレッジにないものはマイクロソフトへエスカレーションを行い解決を図ります。
また、以下の内容で障害内容の一次切り分けを実施します。
・Office 365側の障害か否かを切り分け
・Office 365側の障害の場合、お客様に代わってMicrosoft社へ状況照会を実施
・Office 365側の障害ではない場合、障害対応を終了

お客様ごとのニーズに対応する導入サポート

インテックの豊富なOffice 365導入SIで培ったノウハウを活かし、個別の導入サポートを提供します。
<導入サービスの例>
・導入計画の策定支援
・Office互換性検証
・Windows10移行サービス
・Office 365 SSO(シングルサインオン)インフラ導入サービス
・Exchange Online導入支援サービス
・SharePoint Online導入支援サービス
・クラウドインテグレーションサービス
・Office 365サービスデスク

最適なコストで、迅速な導入を実現します

サービス料金の例

ご利用料金は、マイクロソフトのサイトに掲載の料金と同額です。
マイクロソフトの価格改定に連動し、お客様へのご請求金額も変動します。

下記以外に、Enterprise E1/E5のご提供も可能です。また、製品単体プランについては、ご相談に応じてご提供いたします。
各製品/プランの価格は、マイクロソフトOffice 365サイトに掲載の金額をご確認ください。