Microsoft Azure月額従量課金サービス(EINS/MCS for Azure)

概要

Microsoft Azureのサービスと、管理者向けの問い合わせサポートを同時に提供します

パブリッククラウド「Microsoft Azure」を月額従量課金で利用できるサービスです。管理者向け基本運用サポートをリーズナブルな料金に設定していることが特長です。EINS WAVEのクラウドサービスと併用することでマルチクラウド環境を構築することができ、パブリッククラウドとプライベートクラウドの良さを兼ね備えた、より柔軟なITインフラを構築することができます。

対象のお客さま

こんな方から選ばれています

・パブリッククラウドへの移行を検討しているが詳しい人材がいない
・パブリッククラウドに閉域接続したい
・新たにマルチクラウド環境を検討している
・EINS WAVEのクラウドサービスを利用している

利用シーン

クラウドアプリへの認証を包括的に管理したい

SaaSのクラウドサービスを活用する際には、複数のIDを管理する必要が生じます。Microsoft Azure月額従量課金サービス(EINS/MCS for Azure) をご利用いただくことにより、AzureをプラットフォームとしてActive Directory連携を行うことで、自社環境とクラウドサービス間の効率的で安全なID/アクセス管理が可能になります。例えば、Office 365とクラウドセキュリティサービスの「HDE One」を利用するといった場合に適用できます。

パブリッククラウドとEINS WAVEのIaaSを閉域接続で一元管理したい

安定した環境が必要な個人情報を管理するデータベースなどはセルフサービス型クラウドサービス(EINS/SPS SelfPortal)で構築。パブリッククラウドに閉域接続する「クラウドゲートウエイ」を活用することで、フロントシステムはAWSで運用が可能になります。さらに災害対策用にMicrosoft Azureの西日本リージョンにシステム構築を行うことで、運用するシステムの特性に合わせたマルチクラウド化を実現することができます。

主な機能

使用量に応じた月額請求

お客様とインテック間でサービス利用契約を締結します。サービス利用料は、サーバ、ストレージ、ネットワークの使用量に応じた月額請求となります。

リーズナブルなサポートサービス

利用するライセンス費に応じたリーズナブルな料金で基本運用サポートを提供します。(24時間365日メールで受付、平日9:00~17:00にて対応)
インテックが一次受付・回答し、当社のナレッジにないものは、マイクロソフトへエスカレーションして解決を図ります。以下の内容で障害内容の一次切り分けを実施します。
・Azure側の障害か否かを切り分け
・Azure側の障害の場合、お客様に代わってMicrosoft社へ状況照会を実施
・Azure側の障害ではない場合、障害対応を終了

EINS WAVEのクラウドサービスと併用したマルチクラウド環境の構築

Microsoft Azure月額従量課金サービス(EINS/MCS for Azure)と、EINS WAVEのクラウドサービスやデータセンターを併用することで、パブリッククラウドとプライベートクラウドの良さを兼ね備えたマルチクラウド環境を構築することができます。