Oracle Cloud Infrastructureマネージドサービス

Oracle Cloud Infrastructureマネージドサービス

概要

Oracle Cloud Infrastructureにインテックの運用サポートをプラス

Oracle Cloud Infrastructureマネージドサービスは、オラクル社が提供する企業向けパブリッククラウドサービスであるOracle Cloud Infrastructure(以下、OCI)の調達や運用業務をインテックでサポートまたは代行するサービスです。
OCIの利用には、知識やスキルを保持した専門技術者による運用が不可欠ですが、本サービスをご利用いただくことで、お客様の運用負荷を軽減し、OCIを安心してご利用いただけます。

対象のお客さま

こんな方から選ばれています

―Oracle Databaseを含む基幹システムのクラウド移行を検討している
―自社でOCIの運用体制を確立することが難しい
―OCIの管理コンソールの操作を任せたい

利用シーン

オンプレミス環境で維持してきた基幹システムをクラウド化したい

ビジネス環境の変化に適応するため、今までオンプレミス環境で維持してきた基幹システムのクラウド化を検討している企業が増えています。
多くの企業は基幹システムの主要データベースにOracle Databaseを使用しており、Oracle Databaseと親和性の高いOCIの利用を検討していますが、OCIの知見やスキルを含めた運用面に不安を感じていました。
Oracle Cloud Infrastructureマネージドサービスをご利用いただくことで、OCIの調達や移行後の運用業務について、すべてインテックにお任せいただけます。
また、社内ネットワークとの閉域接続や監視・通知サービスなど、OCIを利用する上で必要となる各種サービスも含めてトータルでサポートします。

特長

【運用業務の実績が豊富】
長年にわたるミッションクリティカルな業務を支える基幹システムや高い競争力を生むアプリケーションの開発、そのプラットフォーム運用などで培った技術と経験、また、お客様の課題を解決してきた確かな実績があります。

【ワンストップ】
データセンター、クラウドサービス、お客様と弊社サービスプラットフォームを接続するネットワークや各種アプリケーションまで、ワンストップでご提供します。

主な機能

①契約サポート
OCIの利用開始・更新時の契約や料金支払いなど、お客様がOCIを利用する上で必要となる各種手続きをサポートします。
 
②技術サポート
技術的な問い合わせに対応するサポート窓口を提供します。
OCIに関わるメンテナンス情報やアップデート情報といった各種アナウンスから、お客様に必要な情報を選別してご連絡します。また、障害発生時の調査や一次切り分けを実施し、必要に応じてオラクル社へ状況照会を行います。
 
③OCIコンソール設定サポート
作業代行の契約内容に基づき、仮想マシンの作成やストレージ設定作業、あらかじめ設計されたパラメータに基づく各種変更作業など、OCIコンソール上の作業を代行します。

主なマネージドサービスメニュー