ニュース

2020年12月08日

報道関係各位

株式会社インテック

インテック、EDI2024年問題解決に向けた
新たなEDIネットワークサービスを提供開始
~企業間取引のDX推進に向けたネットワーク移行・切り替え
 を強力にサポート~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、EDI2024年問題※1解決に向け、EDIアウトソーシングサービス「EINS/EDI-Hub Nex(アインスイーディーアイハブネックス)」およびデータ連携プラットフォームサービス「TEDIOS(テディオス)」に新たなEDIネットワークサービスを追加し、2021年4月より順次提供することを発表します。

 新たに追加するEDIネットワークサービスメニューは以下の通りです。
 ・AnserDATAPORT®(アンサーデータポート)※2接続サービス
 ・閉域IP網ネットワークサービス(モバイル)
 ・TLSアクセラレータ※3

 本サービスの提供により、インテックのEDIアウトソーシングサービス(EINS/EDI-Hub Nex)およびデータ連携プラットフォームサービス(TEDIOS)をご利用いただいているお客様、新たに本サービスをご利用いただくお客様に対して、2022年12月末 までにINSネット(ISDN回線)・電話網を利用したEDIシステムから、アウトソーシングサービス、クラウド型のEDIサービスへの移行完了を目指して推進してまいります。

■新たなEDIネットワークサービスの特長
1.AnserDATAPORT®接続サービス
 AnserDATAPORT®は株式会社NTTデータが提供する、企業・自治体と金融機関の安全な取引を実現するファイル伝送サービスで、多くの金融機関が採用を予定しています。AnserDATAPORT®への接続サービスの提供により、インテックのEDIサービスの利用ユーザーは、個別に接続環境を構築するよりも簡易、迅速かつ安価にAnserDATAPORT®との接続を実現でき、より利便性の向上を図ることが可能です。
2.閉域IP網ネットワークサービス(モバイル)
 INSネット・電話網に代わるネットワークインフラとして、すでに提供され専用線接続による統合型閉域ネットワークサービス※4に、EDI専用メニュー「MVNOのLTE網※5によるアクセスサービス」を追加した完全閉域モバイルネットワークです。インターネットEDIへの移行が困難なお取引先向けのサービスとして、速やかなINSネット・電話網からの移行を支援いたします。
3.TLSアクセラレータ
 閉域IP網ネットワークサービス(モバイル)と同様に、インテックでは、インターネットEDIへの移行が困難なお取引先向けに、既存環境に導入するTLSアクセラレータを利用した通信環境構築を、パートナー企業との協業により推進する事を検討しております。
 TLSアクセラレータ導入企業は、既存の全銀TCP/IP手順システムの変更を最小限に抑えて、INSネット・電話網に代わるインフラとしてインターネットEDIを利用することが可能となります。

※1 EDI2024年問題:2024年1月予定のNTT東西によるINSネット(ISDN)デジタル通信モードの提供終了および電話網のIP化に伴い、既存のレガシーEDIが従来通り使用できなくなること。
詳細は NTT東日本ホームページをご参照ください。(http://web116.jp/
※2 AnserDATAPORT®:株式会社NTTデータが⾦融機関様向けに提供する、企業様・⾃治体様と⾦融機関との安全な取引を実現するファイル伝送サービスのこと。(https://www.adp.ne.jp/
※3 TLSアクセラレータ:TCP/IPベースの通信システムと連携し、SSL/TLSによる暗号機能を提供する機器やソフトウェア。既存の全銀TCP/IP手順システムの変更を最小限に抑えて、速やかにインターネット対応が可能。
※4 統合型閉域ネットワークサービス:インテックが提供する統合型閉域ネットワークサービスのこと。TISインテックグループ各種サービスとお客様IT環境を一つのバックボーンに統合し提供。
※5 MVNOのLTE網:MVNO Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)が提供するLTE(Long Term Evolutionサービスのこと。

■背景
 現在、多くの企業がINSネット(ISDN回線)や電話網を利用し、受発注などのEDI(電子データ交換)による企業間取引を行っています。2024年1月の「NTT東西によるINSネット(ISDN)デジタル通信モードの提供終了および電話網のIP化」に伴い、これらの取引業務に大きな影響が出る「EDI2024年問題」が注目されています。
 EDIを利用する多くの企業では、オンプレミス型のEDIシステムからアウトソーシングサービスやクラウド型のEDIサービスへの移行の検討や切り替えを進めています。
 そこで国内最大規模のEDIサービスを提供するインテックは、既存のインターネット回線を利用したEDIサービスだけでなく、新たなネットワークサービスをメニューに追加することにより、お客様と取引先とのEDIによる業務が円滑に移行できるようにサポートしてまいります。

■インテックEDIサービスラインアップ
・EDIアウトソーシングサービス(EINS/EDI-Hub Nex)
 35年以上の運用実績を誇る、EDI各種処理から運用・ヘルプデスク・コンタクトセンターまで兼ね備えたフルアウトソーシングサービスです。
 流通業界の業界VANの他、メーカー・卸さまでのご利用実績が豊富です。
・データ連携プラットフォームサービス(TEDIOS)
 国内外問わずあらゆるB2B接続を可能にするEDIサービスと、豊富なアダプタ・トリガを実装し各種クラウドサービスとの連携も容易なiPaaSサービス(EAI連携)により、システム全体をシームレスに連携するサービスです。
 PCI DSSに準拠する高セキュリティなシステムでカード業界をはじめとする金融機関でのご利用の実績が豊富です。

サービスの詳細は以下をご参照ください。
https://www.intec.co.jp/service/detail/edi/

■今後の展開
 インテックは35年以上のEDIアウトソーシングサービスの提供・運用実績をもとに、既存ユーザーに対して2022年12月末を目標としたINSネットからの移行推進を行ってきました。本サービスメニューの強化により、既存ユーザーの移行を支援していきます。さらに、他サービスベンダーとの相互接続等も新たに検討しており、2022年までに100社のEDIサービス新規ユーザーの獲得を目指します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

インテックについて(https://www.intec.co.jp/
 お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客様に新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問い合わせ

【報道関係のお問い合わせ】
株式会社インテック テクノロジー&マーケティング本部 広報室 小川、長谷、稲垣

E-mail
press@intec.co.jp

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社インテック 情報流通基盤サービス事業本部 事業推進部 担当:竹内、湊本
E-Mail:edi_info@intec.co.jp

E-mail
edi_info@intec.co.jp