データ連携プラットフォーム構築サービス(ACMS)

インテックは、株式会社データ・アプリケーション(DAL社)のEDIパッケージである「ACMS」を利用したEDI構築サービスをご提供しております データ連携プラットフォームサービス(TEDIOS)をご検討のお客さまは、こちらをご覧ください。

EDIの現状


EDIとは、Electronic Data Interchangeの略称であり、商取引に関する情報(受発注や見積もり、決済、出入荷などに関わる電子データ)を企業間で電子的に交換する仕組みです。

・従来型EDI(JCA手順・全銀手順・全銀TCP/IP手順)の限界
・次世代EDI標準(流通BMS、RosettaNetなど)への対応が困難
・WebEDI(多画面現象)の氾濫
・企業間(EDI)・社内業務連携(EAI)の複雑化
・国外の取引先様とのEDI対応

様々な形態のEDIを、複数のシステムで構築・運用していませんでしょうか。

今まさに、企業の成長や環境の変化にも柔軟に対応できるEDIシステムが求められています。

インテックのEDIソリューション


インテックは、独立系SIベンダーとして10数年にわたり、様々な業種・業態のお客さまにEDIソリューションビジネスをご提供してきました。
パッケージ販売・導入だけでなく、コンサルティング~導入支援~開発~運用支援~保守開発といったトータルコーディネートのサービスをご提供します。

特長

  • ACMSシリーズはEDIサーバー製品市場において、デファクトスタンダードとして認知されています
  • ACMS ApexはACMSシリーズの「最上位」モデルとして、ビジネスの変化に強く、
    新たなイノベーションを生み出す新しいコンセプトのエンタープライズ・データ連携基盤です
  • 既存のアプリケーション資産を生かし、セキュアかつ可用性の高いデータ連携基盤を実現します
  • ミッションクリティカルな基幹システムやサービス事業におけるデータ連携基盤に最適です
  • 用途に合わせ柔軟に機能を組み合わせることで、戦略的なデータ活用の仕組みを容易に構築可能です
  • 従来型EDIからインターネットEDIまで幅広いEDI用通信プロトコルに対応しています

ACMS Apex基本構造


ACMS Apex対応プロトコル


ACMS製品紹介


ACMS シリーズの「最上位」モデルとして豊富な機能を備えた、ビジネスの変化に強く、新たなイノベーションを生み出す新しいコンセプトのエンタープライズ・データ連携基盤です。
https://www.dal.co.jp/products/di/apex/outline.html
従来型EDIからInternetEDIまであらゆるEDI形態の連携をスムーズに行う環境を容易に構築できるB2Bサーバーです。
http://www.dal.co.jp/products/edi/b2b/outline.html
JX手順対応、容易な導入と運用が強みの中小規模システム向けクライアント型EDIパッケージです。
http://www.dal.co.jp/products/edi/liteneo/outline.html
企業内外でのデータ交換における文字コードの違いを吸収するデータ変換・フォーマット変換・漢字コード変換ツールです。さまざまなデータ形式・文字コード変換をノンプログラミングで実現します。
https://www.dal.co.jp/products/translator/anytran/outline.html
システム連携時に必要なデータハンドリング部分をノンコーディング化するデータハンドリングプラットフォームです。
https://www.dal.co.jp/products/dhp/raccoon/outline.html
ACMS ApexおよびACMS B2Bとの連携によりWebブラウザでのファイルアップロード/ダウンロードを容易かつセキュアに実現するファイル交換ツールです。
https://www.dal.co.jp/products/webedi/detrade2/outline.html

※上記製品以外についてはDALホームページをご覧ください。
http://www.dal.co.jp/products/list.html

導入事例


特集・レポート

  • 固定電話網は、なぜIP化されるのか~EDIはどうなる?~
    7年前、NTT東西から固定電話網IP化計画が発表され、遠距離通話料金の廃止・全国統一料金化が話題に。7年後、総務省にて移行について2次答申案がまとめられ、2024年1月~1年間でのIP網への移行予定となりました。今回はなぜ固定電話がIP化されるのかについてお話しします。
  • インターネットEDIへの移行ロードマップとは
    INSネットのディジタル通信モードは、2024年1月に終了する予定です。それまでに、現行のEDIをインターネットEDIに移行するには、どのようなステップを踏めば良いのか、標準的なステップとして、5つのステップをご紹介します。