ニュース

2022年04月25日

報道関係各位

株式会社インテック

インテック、AI関連の開発やAI人材育成に強みを持つ
AVILENと資本・業務提携
~DX推進のためのデータ利活用を強化~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、AI関連の開発支援とAI人材育成関連ソリューションを展開する株式会社AVILEN(東京都中央区、代表取締役:高橋 光太郎、以下AVILEN)と資本・業務提携したことを発表します。

 本業務提携において、インテックとAVILENは以下の取り組みを行います。

1.インテックがお客様へ提供する課題解決ソリューションへのAI機能追加
2.AVILENのAIサービスやデータサイエンティスト育成コンテンツを用いた、社内のAI人材育成強化及びデータ利活用の体制構築
3.企業のデータ利活用に関するコンサルティングやAI関連開発、AI人材育成支援・AI人材の提供
4.インテックが販売パートナーとなり、AVILENのAIサービスやデータサイエンティスト育成コンテンツを外販

 インテックは、AVILENの自社開発AIエンジンの活用、データサイエンティスト等の専門家と連携し、現場にあるデータの利活用や、そのためのAI人材育成を通して、企業のDX推進を支援します。

■背景
 データの利活用は、事業環境の変化に対応し、ビジネスを継続的に発展させていく上で必要不可欠です。一方で、現場には「データをどう有効活用すべきかわからない」「データを扱える人材がいない」などの課題もあります。
 AVILENは、上場企業を中心とした400社以上の企業に対し、AI・DX戦略立案から、ディープラーニング等の機械学習関連アルゴリズムの開発及びその内製化、そしてAI人材の育成まで、AIドリブンなDX推進を一気通貫でサポートすることを得意としている企業です。特にAI人材の育成やAI/データ利活用ビジネスにおいて、多くの実績と知見があります。
 インテックは、システムインテグレーターとしてこれまで多くの企業のシステム構築に携わっており、現場での課題に多くの知見を持っています。これらの知見に、AVILENの持つデータ分析の技術とAI人材育成のノウハウを組み合わせることで、インテックが展開するソリューションの競争力強化と、AIを駆使したDX推進が可能であると考え、AVILENとの資本・業務提携を決定しました。

■株式会社AVILENについて(https://avilen.co.jp/
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3 秋葉原ファーストスクエア9階
事 業: AVILENは、2018年の創業以来、「最新のテクノロジーを、多くの人へ」というビジョンのもと、上場企業を中心とした400社以上の企業に対し、DX・AI戦略立案から、ディープラーニング等の機械学習関連アルゴリズムの開発及びその内製化、そしてDX・AI人材の育成まで、AIドリブンなDX推進を一気通貫でサポートしております。

■今後の展望
 インテックとAVILENは、世の中に多くのAI人材を育成し、お客様のニーズに合わせたAI/データ利活用ソリューションを提供していきます。将来的には、インテックが展開する「ワイヤレスDX」※1ソリューションにAI機能を組み入れ、ワイヤレスネットワークから収集したデータを利活用することで、お客様が持続的に成長できる環境を提供していく予定です。

※1「ワイヤレスDX」は、行政や医療、製造など8つの産業分野でケーブルや端末、空間や場所などに制約のない環境を創出し、お客様の課題解決を支援するインテックの新しいソリューションの総称です。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社インテックについて(https://www.intec.co.jp/
 お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客様に新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問い合わせ

◆報道関係からのお問い合わせ先
株式会社インテック テクノロジー&マーケティング本部 広報室 小川、長谷、稲垣

E-mail
press@intec.co.jp

◆本サービスに関するお問い合わせ先
株式会社インテック テクノロジー&マーケティング本部 新事業開発部 担当:今石、白神

E-mail
wdx_info@intec.co.jp