ニュース

2021年10月11日

報道関係各位

株式会社インテック

インテック、ローカル5Gなどマルチワイヤレス技術を活用した
「ワイヤレスDX」ソリューションを展開開始
~実証環境を整備し、8つの産業別ソリューションを提供~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、「ローカル5G※1」に代表されるマルチワイヤレス技術を活用した「ワイヤレスDX」ソリューションを2021年11月より順次展開することを発表します。
 「ワイヤレスDX」とは、インテックの広域仮想ネットワークからマルチワイヤレス技術を用いて、ケーブルや端末、空間や場所などに制約のない環境を創出し、お客様の課題解決を支援するインテックの新しいソリューションの総称です。「ローカル5G」「sXGP(プライベートLTE) ※2」「Wi-Fi6(802.11ax) ※3」「LPWA※4」などのマルチワイヤレス技術を活用し、行政や医療、製造など8つの産業分野をターゲットにソリューションを展開していきます。
 また、10月から順次「ローカル5G」などのマルチワイヤレス技術を使用、比較できる実証環境を富山県と神奈川県の事業所内に整備していきます。

※1 ローカル5G:企業や自治体が5Gによるプライベートネットワークを構築して利用できる通信環境。無線通信回線として利用可能で、運用するには無線局の免許を取得する必要がある。
※2 sXGP(shared eXtended Global Platform):自営PHSの後継として規格されたLTEベースの免許不要なプライベート通信システム。1.9GHz帯の周波数を利用し、SIM認証を採用している。
※3 Wi-Fi6(802.11ax):第6世代のWi-Fi規格。2.4GHz帯&5GHz帯の周波数帯を利用し、最大伝送速度9.6GbpsとこれまでのWi-Fiよりも高速であり、省電力、安定性の向上が図られている。
※4 LPWA(Low Power Wide Area):少ない電力で長距離かつ広範囲の通信を可能とする技術の総称。

■背景
 5Gの商用サービスが始まり、超高速・大容量の通信が可能になったことで、業界を問わずさまざまな分野でワイヤレス技術を活用したソリューションのニーズが急速に高まっています。
 インテックは1985年に国内で初めて登録された特別第二種電気通信事業者※5として、多くのお客様に広域仮想ネットワークなどを提供してきました。今回、急速な社会の変化、ワイヤレス技術の進展のもと、お客様の現場で発生するさまざまな課題解決のため、インテックが長年にわたって培ってきた得意領域とマルチワイヤレス技術を活用し、「ワイヤレスDX」ソリューションを展開することにしました。

※5 通信事業者のうち、電気通信事業法によって定められた一定の規模を超えて不特定多数のユーザーに通信サービスを提供するもの。インテックは1985年に国内で初めて許可され、通信自由化のきっかけをつくった。

■インテックが提供するワイヤレスDXソリューション
「ローカル5G」が持つ大容量・同時多数接続・低遅延といった特長だけでなく、「sXGP」や「Wi-Fi6」など、それぞれの特長を活かしたワイヤレス技術を活用し、8つの産業分野をターゲットに新しいDXの価値を提供する「ワイヤレスDX」ソリューションを展開していきます。

<提供開始計画>
①デジタル・ワークプレイス・ソリューション(2021年度11月)
②ダイバーシティ&インクルージョン・ソリューション(2021年度4Q)
③ゼロコンタクト・オペレーション・ソリューション(2021年度4Q)
④自治体向けIoTプラットフォームサービス(2021年度4Q)
⑤スマートファクトリー見える化ソリューション(2022年度以降)
⑥物流現場画像認識・検品支援ソリューション(2022年度以降)
⑦病院向けアラートソリューション (2022年度以降)
⑧O2i(Object-oriented to user Interface)ソリューション(2021年度4Q)

■マルチワイヤレス技術の実証環境
 インテックは、新しいワイヤレス技術の獲得とソリューションの検証を行うため、富山県と神奈川県の事業所内に「ローカル5G」「sXGP(プライベートLTE)」「Wi-Fi6(802.11ax)」の最新ワイヤレス通信を同時に使用、比較できる実証環境を整備していきます。
 実証環境では、さまざまなDXソリューションやネットワークサービスの検証・開発、AIやエッジコンピューティングなど先端技術の研究開発を行います。
 sXGPは、自社データセンターにコア網配置し、拠点基地局と分離する構成で整備しています。Wi-Fi6と共に遠隔体験用デバイスや画像配信による実証を実施しています。
 ローカル5Gは、最新のSub6/SA方式の基地局を高岡市の事業所へ2022年2月には設置予定です。

■今後の展開
インテックは、8つの産業分野における「ワイヤレスDX」ソリューションを始め、TISインテックグループのプラットフォームサービス「EINS WAVE」においてもワイヤレスサービスの拡充を目指していきます。実証環境においてはインテックのソリューション検証に留まらず、お客様やパートナー企業、地域団体と技術開発や製品検証等の共創ラボとしての役割も担っていきます。また、「ワイヤレスDX」ソリューションの展開において多くのパートナー企業を募ることで「ワイヤレスDX」の浸透・拡大を図っていきます。

■「ワイヤレスDX」に関するお問い合わせ
https://www.intec.co.jp/inquiry_form/?id=press002

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

インテックについて(https://www.intec.co.jp/
 お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客様に新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

<「ワイヤレスDX」ソリューションの構成>

<産業別「ワイヤレスDX」ソリューション>

<マルチワイヤレス技術の特長>

本件に関するお問い合わせ

【本件に関するお問合わせ先】
◆報道関係からのお問い合わせ先
株式会社インテック テクノロジー&マーケティング本部 広報室 小川、長谷、稲垣

E-mail
press@intec.co.jp

◆本サービスに関するお問い合わせ先
株式会社インテック テクノロジー&マーケティング本部 新事業開発部 担当:澤田、安吉

E-mail
wdx_info@intec.co.jp