ニュース

2018年09月26日

報道関係各位

株式会社インテック

インテック、AI音声認識活用のコールセンターシステム
「CTI-One V6.1」を提供開始
~通話内容をリアルタイムでテキスト化~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡 隆之、
以下インテック)は、コールセンターシステム「CTI-One for Aspire(アスパイア)」(以下、CTI-One)
にNECプラットフォームズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 執行役員社長:保坂 岳深、以下
NECプラットフォームズ)が提供する「UNIVERGE Aspire WX」に対応可能にした「CTI-One V6.1」を
2018年10月1日より提供開始します。

■「CTI-One V6.1」の主な特長
 ①通話内容をリアルタイムにテキスト化
 ・Google社が提供するCloud Speech APIを活用し、通話内容をリアルタイムにテキスト化
 ・最新の機械学習アルゴリズムを利用し、認識精度が常に向上
 ・Cloud Speech APIにより変換されたテキストデータをCRMシステム等の応対履歴の整理に活用
 ②「UNIVERGE Aspire WX」対応
 ・これまで対応していたNECプラットフォームズのAspireシリーズ「UNIVERGE Aspire X」、
  「UNIVERGE Aspire UX」に、新たに「UNIVERGE Aspire WX」にも対応
 ・国内市場において高いシェアを誇るNECプラットフォームズのAspireシリーズとCTI-Oneを連携
  することで、中小規模コールセンター向けに最適なコールセンターシステムを提供

■ CTI-Oneについて
 CTI-Oneは、インテックが開発・販売するコールセンター構築用CTIシステムです。NECプラット
フォームズのオフィスコミュニケーションゲートウェイ「UNIVERGE Aspire WX」と連携し、
インテリジェントACD(自動呼分配)、自動発信、通話録音、統計レポートなどコールセンターで
必要とされる機能を低価格で提供します。
<参考>
 製品ホームページ https://www.intec.co.jp/service/detail/cti_one

インテックについて
 お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、
サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、データセンター
事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した高信頼性サービスを
提供しています。インテックは、創業以来50余年にわたって培ってきた技術力をもとに、安全・安心、
便利でSmartな、心地よい社会の実現を目指し、挑戦を続けてまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、
日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるIT
サービスをご提供します。

CTI-OneとCloud Speech APIの連携イメージ

本件に関するお問い合わせ

【報道関係に関するお問い合わせ】
株式会社インテック 
事業戦略推進本部 事業推進部(広報)
担当:千葉、笠井
TEL:03-5665-5101

E-mail
press@intec.co.jp

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社インテック 
ネットワーク&アウトソーシング事業本部 パートナービジネス推進部
担当:山田(康)
TEL:03-5665-5184

E-mail
ctione_support@intec.co.jp