F3(エフキューブ) AMLクラウドサービス

概要

F3(エフキューブ)AMLクラウドサービスは、金融機関向け"アンチ・マネー・ローンダリング"ソリューションです。

2018年2月、金融庁から「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン」が公表されました。同ガイドラインは、2019年のFATF第四次対日相互審査を見据えて、今後の金融庁モニタリングの指針を示すものであり、金融機関では、早急な事務プロセス変更やシステム対応が必要になると予想されます。

F3(エフキューブ)AMLクラウドサービスでは、犯罪収益移転防止法やFATF勧告が求める各種要請に対応すべく、モニタリング、フィルタリング、カスタマー・デュー・ディリジェンス(CDD)のサービスコンポーネントをクラウドサービスとして提供することで、金融機関の迅速な法制度対応を支援いたします。

対象のお客さま

金融機関さま

・FATF第四次審査対応をご検討中の金融機関さま
・アンチ・マネー・ローンダリングや反社会的勢力対応を検討中の金融機関さま

利用シーン

アンチ・マネー・ローンダリング、疑わしい取引の届出業務を一貫して支援

取引モニタリングや反社会的勢力や凍結口座名義人のフィルタリング、疑わしい取引の届出業務を一貫して支援し、金融機関のコンプライアンス対応、健全な経営の継続を実現します。

特長

NTTデータ ジェトロニクス社のOculus®シリーズを採用

Oculus®シリーズについて
・AML/CFT対策のためのソリューションで以下の2製品で構成
 ①Oculus-filter :
  預金口座の開設、既存取引先の定期確認の際に、顧客情報と各種ウォッチリストを照合
 ②Oculus-monitor:
  過去の取引履歴や取引パターンなどの傾向から、通常と異なる「疑わしい取引」を検知
・60を超える金融機関での利用実績が有、最新の当局要件を踏まえた機能を随時提供

※ CFT = Combating the financing of terrorism テロ資金供与対策