製造ライン診断サービス

稼働状態を見える化する製造ライン診断サービス

製造ラインの異常や機械故障の原因究明に時間がかかっていませんか?
その悩みは「製造ライン診断サービス」で解決できます。
稼働状態を見える化し、現状把握および課題を明確にすることで、生産性向上、品質維持・向上、保守コスト削減を実現します。

概要

製造ライン診断サービスとは

ARQLID(アークリッド)製造ライン診断サービスは、お客さまの稼働データを共起分析モデルを活用して分析することで、ラインの停止や故障の原因究明をサポートします。本サービスを利用することで、停止が発生しやすい状況をデータから見つけ出すことができます。また、得られた結果から稼働停止の原因を分析することで、稼働率向上効果が期待できます。
※共起分析とは、ある事象と同時に起こる事象を調べる分析手法のこと

対象のお客さま

製造ラインを管理されているお客さま

以下のような課題をお持ちのお客さまに最適なサービスとなります。

<稼働状況の可視化>
●稼働状況はデータで取得しているが、分析ツールなどを導入していない
●分析ツールはあるがグラフやチャートが分かりづらい

<異常停止や故障の原因究明>
●急にラインが止まったり異常が起きたりして、原因把握に時間がかかる
●原因究明作業はベテラン社員が行っており、負担がかかっている

<ラインの停止や故障の予測>
●故障前に部品交換や消耗品の適切な供給を行いたい
●ラインが止まってからでは遅いので故障する前兆を知りたい

利用シーン

稼働状況把握により異常停止前にアラートを通知

●正常な動きをしているライン状態を学習し、正常ラインから外れた場合、アラートを通知させる

サービス概要

稼働状態を見える化し、現状把握および課題を明確にします

・時系列と製造ラインの流れを軸に稼働状態を見える化します。
・見える化されたデータをもとに、改善すべき工程や設備を把握できます。

統計および独自アルゴリズムによる分析でデータに基づいた仮説を提示

・稼働率と相関関係にある変数を網羅的に調査し、要因を仮説として提示します。
・異常時にいつも起きている状況(共起)を導き出し原因究明に繋げます。
・相関と共起で見つけた要因の稼働形態を見て「いつもと違う」を発見します。

主な機能

稼働データ可視化機能

・お客さま稼働データ取り込むことで、WEBで稼働状況を把握できます。
・各センサーデータはグラフやチャートに出力され、データを確認できます。

異常原因抽出機能

・センサーデータ同士を共起分析し、故障や異常と関係性の高いセンサーを抽出できます。

異常予兆検知機能

・通常データと異常発生時のデータを学習し、異常が発生しそうな場合、アラートを通知します。
・アラートから、故障前の保守対応、部品交換診断の最適化、消耗品の適切な供給など次のアクションにつなぐことができます。