ニュース

2022年01月04日

報道関係各位

株式会社インテック
代表取締役社長 北岡隆之

2022年 年頭所感

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年、新型コロナウイルス感染症の影響で1年延期となった東京オリンピック・パラリンピックが開催されましたが、日本選手団は過去最多のメダルを獲得し、多くの国民に勇気と感動を与えてくれました。また、新型コロナワクチン接種が急速に進み、感染者数が大幅に減少したことで、経済活動も回復の兆しが見えてきました。多くのお客様がコロナ後の明るい社会を見据え、成長へのチャレンジと、より強固な事業基盤確立の取り組みを進められています。
 当社においては、2021年4月から新たな中期経営計画がスタートし、お客様に寄り添い、ITを駆使して豊かな未来の実現に貢献することを目標に、我々インテックとグループ全体の持続的な成長を図ってきました。引続き当社の強みとしている商品・サービス、ソリューションをご提供し、お客様業務のDX化や、事業発展に貢献してまいります。さらにはローカル5Gをはじめとするワイヤレス技術を活用したソリューションのニーズが急速に高まっていることから、インテックが永年蓄積してきたネットワーク技術や先進技術を組み合わせ、「豊かなデジタル社会の実現」と「新市場の創出」に取組んでまいります。
 本年も変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

以上


 インテックはトランポリン日本代表オフィシャルトップスポンサーです。

インテックについて(https://www.intec.co.jp/
 お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客様に新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問い合わせ

株式会社インテック テクノロジー&マーケティング本部 広報室 小川、長谷、稲垣

E-mail
press@intec.co.jp