IoT活用

自動車や電化製品、医療機器、さらには衣服や家など、あらゆる「モノ」がインターネットを介して情報をやりとりする時代を迎えています。その基盤となる並列分散処理、高速データ処理、ビッグデータ分析などの基盤技術の研究開発に取り組んでいます

クラウドロボティクス

オープンソースのロボット用フレームワークROS(Robot Operating System)を活用して、ITとRT(Robot Technology)の融合をしたクラウドロボティクスの研究を進めています。クラウドロボティクスは、IoTの延長にあるIT(サイバー世界)と現実(物理世界)が融合した次世代社会システムCPS(Cyber-Physical Systems)を実現するための概念です。

大量のネットワークサービスロボット群が働くクラウドロボティクスが実現する未来では、これらを制御するための「安全で高速なネットワーク」と「多様なコンピュータリソース」を確実に管理することが欠かせません。

そこでインテックでは「ROSを使ったロボットアプリケーション開発に寄り添う、ICT環境ユーティリティ」RDBOXを開発し、OSS(オープンソーソフトウェア)として公開しています。
RDBOXは、ロボット専用の極めて安全で便利なプライベートネットワークを構築して、高度な運用が要求されるアプリケーションをコンテナ技術を利用して実行することができる開発・管理用ユーティリティです。RDBOXでは、クラウドロボティクス・エッジコンピューティングの実行基盤として、「ネットワークインフラ基盤」「コンテナ実行環境」をいくつかの簡単なステップで自動的に構築します。

リポジトリはこちら
RDBOXの発表内容はこちら

次世代の社会システム

実世界の情報をIoTによってデジタル化してクラウドに蓄積し、解析して有効活用するのが現在の IoTシステムです。
さらに、今後期待されているのがビッグデータの知見を現実世界にフィードバックするCPSです。 その手段としてサービスロボットなどのロボット技術を用いるのがクラウドロボティクスです。

クラウドロボティクス イメージ

過去の研究で制作したロボットの一例

屋内環境地図作成/環境測定サービス

クラウドロボティクスの応用例1

テレプレゼンス(遠隔操作)ロボットサービス

クラウドロボティクスの応用例2

お問い合わせ

  • EINS/SPS SelfPortal
  • RDBOX
  • dataiku