F3(エフキューブ) 預り物件管理サービス

概要

ペーパーレス化によるワークスタイル変革に対応した預り物件管理業務の効率化を実現します。

近年、金融機関におけるモバイル端末の導入が進み、ワークスタイル変革による渉外業務の効率化が重要なテーマとなっています。
F3(エフキューブ)預り物件管理サービスは、これまで伝票を使って管理されてきた預り物件に関する業務をモバイル端末と電子サインを活用することで完全ペーパーレス化し、管理業務のワークフロー化を実現するクラウドサービスです。
また、電子サインプラットフォームは預り物件管理だけでなく、各種業務のペーパーレス化を実現するためのプラットフォームとしてご利用になれます。

対象のお客さま

金融機関さま

預り物件管理業務の効率化、各種業務のペーパーレス化をご検討の金融機関さま

利用シーン

預り物件に関する一連の業務フローをトータルにサポート

渉外先・支店窓口における物件の預り・返却業務から、金融機関内部における預り物件の管理、本部によるモニタリングまで、預り物件に関する一連の業務フローをトータルにサポートします。

特長

モバイル端末の利用に最適化されたユーザーインタフェースと金融機関の標準的な業務フローに対応したクラウドサービス

1.モバイル端末での利用に最適化されたユーザーインタフェースにより、ユーザーの登録負荷などを大幅に削減します。
2.金融機関の標準的な業務フローを実装し、かつ汎用的なテンプレートの登録が可能など、独自の運用にも対応可能です。
3.CRMや営業支援システムとのAPI連携に対応しており、渉外業務トータルでの効率化を実現します。