創業時から女性が活躍しています。

インテックは昭和39年(1964年)の創立当初から、SEやプログラマでは「論理的な思考や発想」、データエントリーでは「緻密さと根気」、スタッフ業務では「目配りと気配り」といった女性の優れた資質を活かし、成長してきました。現在も性別を問わず、社員が能力を発揮し、働きやすい環境となるよう制度を整えています。

女性社員について
(平成30年4月現在)
  • 女性社員比率27.4%
  • 女性社員の平均勤続年数14.6年
  • 母親社員38.0%
  • 女性役職者の登用状況6.6%

子育て支援制度

育児休業制度

最長3歳まで、1子につき何度でも取得可能

  育児休業法 インテック
昭和50年 - 1歳
平成4年 1歳 1歳6か月
平成17年 1歳6ヶ月 3歳
平成29年 2歳 3歳
短時間勤務

最大3時間 短縮勤務可能
(小学校3年生修了時まで)

子どもの看護休暇

年間最大34日(小学校3年生修了時まで)

半日休暇制度
(半日単位の有給休暇制度:全社員)

学校行事への参加、子どもの通院などに利用

事業所内保育施設
「インテックキッズホーム」

富山市にある富山本社前ビルに隣接しており、通勤やお迎えにも便利。
保育士は現在6名。インテックグループだけでなく、近隣企業の方も利用しています。

在宅保育援助
(ベビーシッター)

ベビーシッター1日あたり2,200円を補助

様々な取り組み

時間単位有給休暇制度

平成29年4月より制度導入。
年次有給休暇のうち5日分を限度とし、1回1時間~取得可能。

「えるぼし」最高位取得

平成28年4月1日に施行された「女性活躍推進法」。その中で、厚生労働大臣から女性の活躍推進に関する取り組みが優れている企業に与えられる認定マーク「えるぼし」。インテックは、平成29年5月16日、最高位である3段階目の認定を取得しました。今後も、さらなるダイバーシティの推進を図っていきます。