INTEC TIS INTEC Group

株式会社インテック RECRUITING

PERSON 不安を希望に変えて。ささやかな積み重ねが、予想もしない未来に。

お客さまの生産管理部門へ。知識も経験もないままダイブ。

大学は情報系の学部だったので、周囲の友人たちもインテックの選考を受けていたんです。「お前は入れないだろ」なんて言われたのですが、トントン拍子に進みあっという間に最終面接。まさかフォークボールの投げ方の話で盛り上がるとは思ってもいませんでしたが(笑)。予想を超える展開は、入社2年目の時にもおとずれました。半導体メーカーの生産管理部門に出向になったこと。長崎と鹿児島を中心に九州の工場でみっちり3年間。情報システム部ではなく生産管理部門。つまり、工場で生産計画に携わる仕事です。「なぜ自分がシステムの開発ではなくて工場の生産管理?」心の中には葛藤がありましたが、目の前には未知の世界が広がっている。2年目の自分には何もない。やるしかない。製造工程はどうなっているのか。現場は何に困っているのか。現場と一体となり奔走するうちに、業務プロセスの改革に興味を持つようになりました。システムをつくるのではなく、お客さまの現実をよりよくするんだ。よく言われる「顧客視点」という言葉の意味を、現場の渦のなかで体感した若手時代でした。

中堅社員による9X会議開始、石坂ゼミ開講。学びをシェア。

入社6年目出向先から戻り、初めてプロジェクトマネジメントに携わりました。大きな役割を任せられたものの、浦島太郎状態で社内のことを何も知らない自分。そんなとき、自分の経験をみんなに伝えながら、自分自身も成長したいと思って始めたのが、石坂ゼミという名の基幹業務勉強会です。技術の勉強をしていると、ついついシステム都合で考えがち。要件のヒアリング方法、真のニーズの掴み方など、お客さまとのコミュニケーションをガッツリやってきた自分だからこそ伝えられることがある。加えて、会社をよりよく変えていくための9X会議という名の中堅社員意見交換会もはじめました。そのほか、東京と大阪にまたがる部門を統合する組織の委員長も務めた。インテックの財産である人材と技術をどう統合していくのか。現実をしっかり見つめて、未来を描き、具体的なプランをつくる。出向先の実務経験で鍛えた3年間が、予想を超えて様々なところで役立ちました。

厳しい現実も、ごまかさない。この仕事の基礎は正直であること。

節目の入社10年目はピンチの渦の中にいました。30億円規模の長期プロジェクトが難航。お客さまとの関係性、プロジェクトの進捗、インテックの社内体制、システムの完成度。様々な角度から問題を探り、道筋を整理。100名以上が関わる大型案件で、それぞれの意志や目標はあるが、まとまらず混沌としていました。そんな状況を整理して、一つの方向性を示し、仕組みを構築していく。もちろん、未来・ビジョンを描くことは容易なことではありません。100%確実ですと言い切れないことは多々ある。しかし、現場にはどんな業務があって、会社はどう動いているのかという実務を知っていることが、考える基盤になっています。実は、以前システムを無事稼働させ、お客さまからお褒めの言葉をいただいたとき「君と話すと不安になる」と言われたことがあります。忖度抜きで正直に話すので、ぼんやり認識していた懸念点が浮き彫りになり、不安になるのだと。言うべき事実は誤魔化さない。ネガティブなことであっても正直に伝える。懸念点にフタをして「できますよ」と伝えても意味がない。現実を甘読みして後々困るのはお客さまですから。正直さが、この仕事のいちばんの基本だと思っています。

入社20年過ぎても、心からワクワクできる環境がある。

入社13年目に、コンサルティング事業部に異動しました。様々な業種を経験できるチャンスであり、より踏み込んだ提案ができる環境に。入社18年目に着手した、鉄鋼業向けの基幹業務改革マネジメントコンサルは、実りの多い案件になりました。テーマの1つは、情報システム部門そのものをコンサルティングするという案件です。システムが高度化する中で、情報システム部が窓口機能に甘んじてしまい、存在意義が薄くなりつつあるという現状を立て直すことがテーマ。主体的に問題を吸い上げ、仕組み化までやり遂げました。難しい案件でしたが、大きなやりがいを感じました。なにより、仕事自体がとにかく面白かった。お客さまとどうしようかと未来の話をする。そこからどう変えていけるか。会話が前向きなんです。これから、このコンサルティング事業をもっと大きくしたいですね。ただ、一朝一夕でできることではありません。経験も大事なので今いるメンバーで力を合わせ一つずつ地道に努力することも必要です。お客さまをより良くすること、自社をより良くすること。2つの成長をみんなで追いかける。入社20年を超えてもこんなにワクワクできるなんて、新人時代にはまったく予想もしていなかった未来です。

コンサルティング事業部 石坂 博之

PROFILE

歴代の上司から真面目すぎると言われるほどの几帳面タイプ。新人時代の上司に「かばんに一冊の本を入れて持ち歩きなさい」とアドバイスをもらってから、様々なジャンルの読書とビジネス系雑誌の定期購読を継続。2011年からは執筆活動にも尽力。著書に「エンジニアのためのすごい提案の組み立て方(中央経済社)」など。また、2016年からは情報処理技術者試験委員などにも従事。プライベートでは、長男が夢中で取り組んでいるサッカーを一緒に理解し楽しむために、サッカーの審判員資格JFA4級も取得。息抜きは週末のキャンプ。

CAREER

入社2年目
九州の半導体製造工場に出向。SEとは異なる現場実務(生産管理立案)を経験。
入社6年目
はじめてプロジェクトマネジメントを経験。社員との関わりが増え、人材育成への興味が高まる。
入社8年目
中堅社員の意見交換の場である9X会議を主催。自分の専門分野である基幹業務に関して学ぶ石坂ゼミ開講。
入社9年目
30億円規模の大規模プロジェクトに、プロジェクト立ち上げからシステム稼働まで携わる。自社のコンサル部門との協業で、コンサルティングに興味を持つ。
入社13年目
コンサルティング事業部に異動。専門商社向け営業業務改革コンサルや、SIer向け基幹業務改革コンサルなど様々な案件に関わる。
入社15年目
総合商社向けIT全体構想立案コンサルに奔走。2年間、お客さま先である総合商社の情報システム部門に常駐。
入社21年目
部門長から推薦を受け、専門職としてシニアスペシャリスト(コンサルタント)に認定。

INTEC TIS INTEC Group

CLOSE

株式会社インテック RECRUITING

40's コンサルティング事業部 石坂 博之

不安を希望に変えて。ささやかな積み重ねが、予想もしない未来に。

お客さまの生産管理部門へ。知識も経験もないままダイブ。

大学は情報系の学部だったので、周囲の友人たちもインテックの選考を受けていたんです。「お前は入れないだろ」なんて言われたのですが、トントン拍子に進みあっという間に最終面接。まさかフォークボールの投げ方の話で盛り上がるとは思ってもいませんでしたが(笑)。予想を超える展開は、入社2年目の時にもおとずれました。半導体メーカーの生産管理部門に出向になったこと。長崎と鹿児島を中心に九州の工場でみっちり3年間。情報システム部ではなく生産管理部門。つまり、工場で生産計画に携わる仕事です。「なぜ自分がシステムの開発ではなくて工場の生産管理?」心の中には葛藤がありましたが、目の前には未知の世界が広がっている。2年目の自分には何もない。やるしかない。製造工程はどうなっているのか。現場は何に困っているのか。現場と一体となり奔走するうちに、業務プロセスの改革に興味を持つようになりました。システムをつくるのではなく、お客さまの現実をよりよくするんだ。よく言われる「顧客視点」という言葉の意味を、現場の渦のなかで体感した若手時代でした。

中堅社員による9X会議開始、石坂ゼミ開講。学びをシェア。

入社6年目出向先から戻り、初めてプロジェクトマネジメントに携わりました。大きな役割を任せられたものの、浦島太郎状態で社内のことを何も知らない自分。そんなとき、自分の経験をみんなに伝えながら、自分自身も成長したいと思って始めたのが、石坂ゼミという名の基幹業務勉強会です。技術の勉強をしていると、ついついシステム都合で考えがち。要件のヒアリング方法、真のニーズの掴み方など、お客さまとのコミュニケーションをガッツリやってきた自分だからこそ伝えられることがある。加えて、会社をよりよく変えていくための9X会議という名の中堅社員意見交換会もはじめました。そのほか、東京と大阪にまたがる部門を統合する組織の委員長も務めた。インテックの財産である人材と技術をどう統合していくのか。現実をしっかり見つめて、未来を描き、具体的なプランをつくる。出向先の実務経験で鍛えた3年間が、予想を超えて様々なところで役立ちました。

厳しい現実も、ごまかさない。この仕事の基礎は正直であること。

節目の入社10年目はピンチの渦の中にいました。30億円規模の長期プロジェクトが難航。お客さまとの関係性、プロジェクトの進捗、インテックの社内体制、システムの完成度。様々な角度から問題を探り、道筋を整理。100名以上が関わる大型案件で、それぞれの意志や目標はあるが、まとまらず混沌としていました。そんな状況を整理して、一つの方向性を示し、仕組みを構築していく。もちろん、未来・ビジョンを描くことは容易なことではありません。100%確実ですと言い切れないことは多々ある。しかし、現場にはどんな業務があって、会社はどう動いているのかという実務を知っていることが、考える基盤になっています。実は、以前システムを無事稼働させ、お客さまからお褒めの言葉をいただいたとき「君と話すと不安になる」と言われたことがあります。忖度抜きで正直に話すので、ぼんやり認識していた懸念点が浮き彫りになり、不安になるのだと。言うべき事実は誤魔化さない。ネガティブなことであっても正直に伝える。懸念点にフタをして「できますよ」と伝えても意味がない。現実を甘読みして後々困るのはお客さまですから。正直さが、この仕事のいちばんの基本だと思っています。

入社20年過ぎても、心からワクワクできる環境がある。

入社13年目に、コンサルティング事業部に異動しました。様々な業種を経験できるチャンスであり、より踏み込んだ提案ができる環境に。入社18年目に着手した、鉄鋼業向けの基幹業務改革マネジメントコンサルは、実りの多い案件になりました。テーマの1つは、情報システム部門そのものをコンサルティングするという案件です。システムが高度化する中で、情報システム部が窓口機能に甘んじてしまい、存在意義が薄くなりつつあるという現状を立て直すことがテーマ。主体的に問題を吸い上げ、仕組み化までやり遂げました。難しい案件でしたが、大きなやりがいを感じました。なにより、仕事自体がとにかく面白かった。お客さまとどうしようかと未来の話をする。そこからどう変えていけるか。会話が前向きなんです。これから、このコンサルティング事業をもっと大きくしたいですね。ただ、一朝一夕でできることではありません。経験も大事なので今いるメンバーで力を合わせ一つずつ地道に努力することも必要です。お客さまをより良くすること、自社をより良くすること。2つの成長をみんなで追いかける。入社20年を超えてもこんなにワクワクできるなんて、新人時代にはまったく予想もしていなかった未来です。

歴代の上司から真面目すぎると言われるほどの几帳面タイプ。新人時代の上司に「かばんに一冊の本を入れて持ち歩きなさい」とアドバイスをもらってから、様々なジャンルの読書とビジネス系雑誌の定期購読を継続。2011年からは執筆活動にも尽力。著書に「エンジニアのためのすごい提案の組み立て方(中央経済社)」など。また、2016年からは情報処理技術者試験委員などにも従事。プライベートでは、長男が夢中で取り組んでいるサッカーを一緒に理解し楽しむために、サッカーの審判員資格JFA4級も取得。息抜きは週末のキャンプ。

入社2年目
九州の半導体製造工場に出向。SEとは異なる現場実務(生産管理立案)を経験。
入社6年目
はじめてプロジェクトマネジメントを経験。社員との関わりが増え、人材育成への興味が高まる。
入社8年目
中堅社員の意見交換の場である9X会議を主催。自分の専門分野である基幹業務に関して学ぶ石坂ゼミ開講。
入社9年目
30億円規模の大規模プロジェクトに、プロジェクト立ち上げからシステム稼働まで携わる。自社のコンサル部門との協業で、コンサルティングに興味を持つ。
入社13年目
コンサルティング事業部に異動。専門商社向け営業業務改革コンサルや、SIer向け基幹業務改革コンサルなど様々な案件に関わる。
入社15年目
総合商社向けIT全体構想立案コンサルに奔走。2年間、お客さま先である総合商社の情報システム部門に常駐。
入社21年目
部門長から推薦を受け、専門職としてシニアスペシャリスト(コンサルタント)に認定。