INTEC TIS INTEC Group

株式会社インテック RECRUITING 2019

PERSON インテックの人 誠意を持つこと。お客さまのためにも、共に働く仲間のためにも。

きっかけは、大学時代の美術サークルの活動。

大学時代、所属していた美術サークルの活動の一環として、外食企業の内装のお手伝いをしたことがありました。店舗のオーナーさんと対話しながら要望を聞いて、理想の店舗をつくりあげる。この経験が営業という仕事に興味を持つきっかけになりました。就職活動の序盤は、広告代理店や住宅メーカーなど、業界を絞らずいろいろな企業を見てまわりましたが、自社の売りたいものというより、お客さまが求めるものを提案できるフェアな営業活動に魅力を感じて独立系SIerのインテックに興味をもちました。しかし、実際に入社してみると、なかなか大変。まず、お客さまが話す言葉の意味がわからない。そんな時に先輩から言われたことは「とにかくお客さまの話の内容に耳を傾けなさい。調べてもわからない部分は、お客さまへの思いやりの気持ちと想像力で埋めなさい」ということです。決められたものがほとんどない。自分で考えることが大半の仕事。システムの技術的な用語や、お客さまの業界用語もわかるようになり、一人で訪問して宿題を持ち帰ることができるようになったのは3年目になる頃でした。

営業は、一人でしているわけではない。

現在はインフラ部門に所属し、EDIの営業を担当しています。EDIとは受発注など企業間のデータのやりとりに関わるシステム。最初は先輩を相手にロールプレイングなどで商談の進め方を特訓しました。先輩からの合格が出たら、やっとお客さま先に出られることになります。特に新規開拓の営業は、成果につながるまでが長い道のり。ゼロから自分で担当して受注できたのは、3年目の冬のことでした。経験が浅いなりに意識したことは、お客さまからの質問に素早く答えるということ。自分一人では答えられない質問を頂くことも多いですが、どんな内容でも迅速丁寧に答えました。そのためには普段から誰に何を確認すればいいのか、社内体制を把握しておくことが重要です。インテックでは誰かに声をかけると必ず親身に相談にのってくれます。その度に自分一人で営業しているわけではないんだという心強さを実感しました。

どうしたいのか。自分の意見という主体性を持つこと。

最近、誠意という言葉の意味を噛み締めるようになりました。言われたことをやっているだけだと、お客さまにとっても、インテックにとってもよい仕事にならない。自分はどうしたいのか意見を持つこと。先輩に質問する際も「どうすればいいですか?」と質問するのではなく「こうしたいと思うのですが」という前提で聞く。そうしたスタンスで取り組んでいると、仕事というものは際限なくあることに気づきます。たとえば、受注後に手配すべきことをまとめてリスト化できると効率的。何かあった時の連絡先、関係部所、依頼内容も明確にできるとよい。このように気づいたことを率先して実行するようにしています。マニュアルに頼らない社風はひとつのインテックらしさ。でも、もう少し整備したほうがいいのでは?と生意気にも思っていて(笑)、自分なりに努力もしています。

電車の風景も、街の風景も、変わって見えてきた。

この仕事を通じて、BtoBのビジネスの面白さを感じるようになりました。アプリなど便利なものがあふれる世の中。この便利な状態がどうやってできているのか、これまでは考えるきっかけがなく、便利さを享受するだけの人生でした。しかし、会社やシステムの仕組みを知ると、もっとよくすることができるという可能性を感じるように。街中でお客さまのロゴを見かけたり、トラックが走っているのを見かけて「がんばれ!」とエールを送りたくなることもあります。お客さまのシステムが早朝に稼働している記録を見て「朝早くから頑張ってるんだな。私も頑張ろう」と思うことも。一般の人の目には触れない裏側の努力を見たりすると、通勤電車に乗る人々へのまなざしも温かくなってくるから不思議です。インテックの社内でもあるんですよ。遅くまで頑張っていると、机の上にチロルチョコが。私が相談したのに、帰り際にお菓子をいただいたりすることも。お客さまのためにも、こうして支えてくれる仲間のためにも、自分ができることをこれからも精一杯頑張っていきたいと思います。

N&O事業推進部 小島 ひな

PROFILE

2015年入社。N&O事業推進部 EDIアウトソーシング課所属。一番嬉しい瞬間は、お客さまに喜んでいただいた時。休日は映画や旅行でリフレッシュ。ニッチな観光地に興味があり、最近、もっとも印象に残ったのは高知県仁淀川の水が美しい風景。

CAREER

入社1年目
クラウドサービスIaaS(Infrastructure as a Service)担当の営業に。社内の勉強会の担当などを通して商品知識とプレゼン力を磨く。
入社2年目 4月
異動して、企業間の電子情報交換等を扱うEDI担当の営業に。受注後の社内メンバーとの連携、お客さまへのサービス提供方法など、仕事の仕方への意識が高まる。
入社2年目 10月
経験不足から、様々なトラブルが発生。どんな小さなことでも確認をとることの重要性を学ぶ。
入社3年目 12月
新規初受注。1から自分で営業し受注できたことが、大きな自信に。

INTEC TIS INTEC Group

CLOSE

株式会社インテック RECRUITING 2019

20's N&O事業推進部 小島 ひな

誠意を持つこと。お客さまのためにも、共に働く仲間のためにも。

きっかけは、大学時代の美術サークルの活動。

大学時代、所属していた美術サークルの活動の一環として、外食企業の内装のお手伝いをしたことがありました。店舗のオーナーさんと対話しながら要望を聞いて、理想の店舗をつくりあげる。この経験が営業という仕事に興味を持つきっかけになりました。就職活動の序盤は、広告代理店や住宅メーカーなど、業界を絞らずいろいろな企業を見てまわりましたが、自社の売りたいものというより、お客さまが求めるものを提案できるフェアな営業活動に魅力を感じて独立系SIerのインテックに興味をもちました。しかし、実際に入社してみると、なかなか大変。まず、お客さまが話す言葉の意味がわからない。そんな時に先輩から言われたことは「とにかくお客さまの話の内容に耳を傾けなさい。調べてもわからない部分は、お客さまへの思いやりの気持ちと想像力で埋めなさい」ということです。決められたものがほとんどない。自分で考えることが大半の仕事。システムの技術的な用語や、お客さまの業界用語もわかるようになり、一人で訪問して宿題を持ち帰ることができるようになったのは3年目になる頃でした。

営業は、一人でしているわけではない。

現在はインフラ部門に所属し、EDIの営業を担当しています。EDIとは受発注など企業間のデータのやりとりに関わるシステム。最初は先輩を相手にロールプレイングなどで商談の進め方を特訓しました。先輩からの合格が出たら、やっとお客さま先に出られることになります。特に新規開拓の営業は、成果につながるまでが長い道のり。ゼロから自分で担当して受注できたのは、3年目の冬のことでした。経験が浅いなりに意識したことは、お客さまからの質問に素早く答えるということ。自分一人では答えられない質問を頂くことも多いですが、どんな内容でも迅速丁寧に答えました。そのためには普段から誰に何を確認すればいいのか、社内体制を把握しておくことが重要です。インテックでは誰かに声をかけると必ず親身に相談にのってくれます。その度に自分一人で営業しているわけではないんだという心強さを実感しました。

どうしたいのか。自分の意見という主体性を持つこと。

最近、誠意という言葉の意味を噛み締めるようになりました。言われたことをやっているだけだと、お客さまにとっても、インテックにとってもよい仕事にならない。自分はどうしたいのか意見を持つこと。先輩に質問する際も「どうすればいいですか?」と質問するのではなく「こうしたいと思うのですが」という前提で聞く。そうしたスタンスで取り組んでいると、仕事というものは際限なくあることに気づきます。たとえば、受注後に手配すべきことをまとめてリスト化できると効率的。何かあった時の連絡先、関係部所、依頼内容も明確にできるとよい。このように気づいたことを率先して実行するようにしています。マニュアルに頼らない社風はひとつのインテックらしさ。でも、もう少し整備したほうがいいのでは?と生意気にも思っていて(笑)、自分なりに努力もしています。

電車の風景も、街の風景も、変わって見えてきた。

この仕事を通じて、BtoBのビジネスの面白さを感じるようになりました。アプリなど便利なものがあふれる世の中。この便利な状態がどうやってできているのか、これまでは考えるきっかけがなく、便利さを享受するだけの人生でした。しかし、会社やシステムの仕組みを知ると、もっとよくすることができるという可能性を感じるように。街中でお客さまのロゴを見かけたり、トラックが走っているのを見かけて「がんばれ!」とエールを送りたくなることもあります。お客さまのシステムが早朝に稼働している記録を見て「朝早くから頑張ってるんだな。私も頑張ろう」と思うことも。一般の人の目には触れない裏側の努力を見たりすると、通勤電車に乗る人々へのまなざしも温かくなってくるから不思議です。インテックの社内でもあるんですよ。遅くまで頑張っていると、机の上にチロルチョコが。私が相談したのに、帰り際にお菓子をいただいたりすることも。お客さまのためにも、こうして支えてくれる仲間のためにも、自分ができることをこれからも精一杯頑張っていきたいと思います。

2015年入社。N&O事業推進部 EDIアウトソーシング課所属。一番嬉しい瞬間は、お客さまに喜んでいただいた時。休日は映画や旅行でリフレッシュ。ニッチな観光地に興味があり、最近、もっとも印象に残ったのは高知県仁淀川の水が美しい風景。

入社1年目
クラウドサービスIaaS(Infrastructure as a Service)担当の営業に。社内の勉強会の担当などを通して商品知識とプレゼン力を磨く。
入社2年目 4月
異動して、企業間の電子情報交換等を扱うEDI担当の営業に。受注後の社内メンバーとの連携、お客さまへのサービス提供方法など、仕事の仕方への意識が高まる。
入社2年目 10月
経験不足から、様々なトラブルが発生。どんな小さなことでも確認をとることの重要性を学ぶ。
入社3年目 12月
新規初受注。1から自分で営業し受注できたことが、大きな自信に。