Loading...

INTERVIEW社員紹介

流通サービス事業本部
サービス第二システム部

エンジニア職

淡路 大輔 Daisuke Awaji

理学部(修士)卒
2016年入社

視野を広げて学び、
技術者として
さらに上を目指す

嫌いだったプログラミングが強みに

大学院で物理を専攻し、スーパーコンピューターを使った理論的な計算やシミュレーションなどを行っていたのですが、実は当時、プログラミングが大嫌いで(笑)。研究の一環として必要だったので仕方なくやっていましたが、決して得意ではありませんでした。
就活では、Slerに限らず、IT業界全般を見ていました。インテックは企業説明会とちょっとしたワークショップを開催していて、そこで自社の話だけでなく、社会構造の中でのIT業界とは何か、その中でインテックがやっていることは何かの説明がありました。非常に理解しやすく、ここで働きたいなと感じたのが入社のきっかけになりました。
入社後も、やはりプログラミングは苦手で。インテックにはしっかりとした研修がありますが、そこで習った知識と実務で使う知識は、当然ながら別物です。ごく簡単な作業はできるものの、じゃあちょっとロジックを組んでみようかという段階になると、自分一人ではできないことが多くて・・・。どうやったら通信できるのかといった基本すらわからず、一つひとつを噛み砕いて理解していきました。
その頃、実務とは別に、自主的な勉強も始めました。自分一人だと心が折れるので(笑)、毎週同期を誘って勉強会を開いていました。「これをやってみたけど、どう思う?」「次はこんなことをやってみようか」といったディスカッションです。その後、先輩とともに社外の技術者と意見交換する場も開くようになり、どんどん仲間も増えて規模も拡大していきました。同時に、世界の様々なオープンソースを見て勉強し、自分でも試作を地道に続けた結果、今ではオープンソースを公開する側に。3年間集中的に学んだことで、それなりの知識とスキルが身についたと思っています。苦手なことも3年あれば何とかなる、自分の強みに変えられると、身をもって知ることができました。

周りと連携し、お客さまへの「伝え方」を学ぶ

入社2年目になると、勉強の成果もあって、それなりに開発ができるようになりました。入社以来ずっと関わってきたのは、建設業界の労務や安全衛生に関する書類(通称「グリーンファイル」)をクラウド上で管理するプラットフォームサービスで、その大規模なリニューアルが大きなミッション。ベータ版の設計が固まり、いよいよ本格的に開発していこうという段階で、私が一つのチームの開発リーダーをすることに。後輩やパートナー会社を合わせ、4、5名のチームです。リーダーと言っても、上から指示するような立ち位置ではなく、チームのいわば「旗振り役」。皆でプログラムを読み合わせてみようとか、周りに声を掛けて一緒に学びながら、他チームとも連携・調整しながら進めていきました。
その中で、もっとも勉強になったのが、お客さまとのコミュニケーションですね。開発と言っても、ただプログラムを書いていればよいわけではなく、お客さまから話を聞いて理解するのはもちろん、自分から説明して理解してもらわなくてはいけない。うまく説明できず、悔しい思いもしました。お客さまもIT技術をある程度ご存知ですが、あまり難しいことや細かい領域の話をしても伝わらないし、かといって広すぎる説明でも漠然としてわかりづらい。抽象化の具合が難しいし、今でも苦労する部分ですね。でも、先輩に助けていただきながら経験を積んだことで、自分が鍛えるべき部分も見えたし、いろんな方々と一緒に仕事を進める方法も身についたと思います。

社外の技術にも目を向け、さらに上を目指して

入社3年目の頃、手がけていたプラットフォームがリリースを迎えました。現在は保守・運用を行うとともに、新規機能や派生サービスの開発も行っています。アプリケーションの動き方をログでチェックし、「この時間はCPUが高いから対処しよう」など、お客さまと協議して進めています。
その中で、これまで行った開発の「負債」を発見することも。インフラもアプリケーションも自分なりに真剣に考えて作ってきましたが、やはり、もっとこうすべきだったと感じる部分はあって。「1年前の自分は、何でここをこうしたんだ!」と思います。もっとクリーンな設計にしなきゃいけない、もっと良い方法がある、技術者としてもっと努力しなきゃだめだと痛感しました。お客さまから伺った要件を取り入れてマッチングさせるだけでなく、もっと上を目指せるはずだと。社外に目を向ければ、世の中には本当にさまざまなやり方があるし、組み合わせ方も多様なはず。それに、自分自身の能力が上がれば、運用チームの人員も少なくて済み、その分、新しい開発や提案をする余地も生まれるかもしれない。だから、今は入社1年目の頃よりも勉強するようになったと思います。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

目標

前述の建築関係のサービスに関わる、新しい開発提案を積極的に進めていきたいです。現在は20人くらいのチームで、かなりアジャイルな開発(小単位で実装とテストを繰り返して進める開発)を行っています。具体的には、1週間単位で「今週はこれができる」と合意を得て、月〜木曜日まで開発をし、金曜にレビューして皆に見てもらうという、かなり迅速なサイクル。そこで、より質の高い提案を行っていきたいですね。

学生へのメッセージ

僕が大嫌いだったプログラミングを強みに変えられるように、今は苦手と思っていることや経験がないことであっても、3年あれば何でもできる!と学生の皆さんに伝えたいです。そして、この仕事はプログラムを書くだけだとは思わないで欲しい。プログラムは一つのツールであって、「社会に幸せをもたらしたい」とか「世の中に役立つものを作りたい」といった、自分なりの目的こそが大切だと思います。