Loading...

INTERVIEW社員紹介

中部西日本産業事業本部 
西日本流通ソリューション部

セールス職

伊勢 莉佳 Rika Ise

現代社会学部現代社会学科卒 
2015年入社

人対人の
関係構築を強みに、
次の挑戦を楽しむ

第一志望業界の内定を断り、インテックを選んだ

 一人旅が好きで、学生時代は青春18きっぷを使った九州一周旅行など、国内外の各地に行きました。その費用を貯めるためにアルバイトを三つほど掛け持ちして働きまくっていました(笑)。新たな出会い、立場や年齢の異なるさまざまな人との関わりが刺激的で、とても充実した学生生活だったと思います。
 就活を始めた当初は商社を志望していました。川上から川下まで多様な人と関わり、コミュニケーションが出来る業種だと考えたからです。商社一本で活動をして内定も貰ったのですが、ふと、就活という多くの業界に触れることの出来る機会を商社しか知らずに終えるのはもったいないと感じたのです。そこから業界を問わずに再び就活をスタートしました。
 たまたま就職ナビサイトでヒットしたインテックの説明会に参加したところ雰囲気が気に入り選考に進みました。IT業界には正直まったく興味が無かったのですが、面接がとても話しやすく、自分らしさを出すことが出来たのです。ありのままを聞いてくれて、すごく楽しい雰囲気のまま最終まで進んでいく中で、この会社で働きたいと感じていました。人と社風に強く惹かれ、結果的に商社の内定をお断りして今に至ります。

楽しみながら、決してあきらめず、関係性を築く

入社後配属された大阪の営業部では当時、新人へのお客さまの引継ぎはありませんでした。自らの力で新規開拓していきます。未取引企業のリストを元に電話をかけていくのですが、そう簡単にアポイントはいただけません。さまざまな工夫をして何とかご担当さまに繋いでもらい、そこからアポイントをいただくというプロセスが、私には楽しくて仕方がありませんでした。楽しみながら徹底的に取り組んだこともあり、電話をかけ始めて一ヵ月後の7月に初受注。まわりと比べてもかなり早い方だったと思います。
二年目に新規で受発注をいただいたお客さまは、とても記憶に残っています。先方のご担当は執行役員部長。どちらかと言うととっつき辛い印象の方で、また新人の私では回答出来ないご質問も多く、当初は苦手意識がありました。何度もがむしゃらに通い、自分なりに情報提供などを続けていくうちに、徐々に心を開いていただけたように思います。私自身のプライベートな相談や仕事以外の話も自然と出来るようになった頃、「実はシステムの入れ替えを検討している」というお話をいただきました。
そこからは開発部門とも連携しながらヒアリングと提案を繰り返し、初訪問から半年以上たった頃、インテックの自社製品「EDI( https://www.intec.co.jp/service/solution/edi.html )」を正式に採用いただきました。製品への高い評価だけでは無く、営業担当への信頼が採用の理由だとお客さまからお話しいただいたことは、私の自信となっています。
今でも取引は継続しており、執行役員部長とはよく飲みに行く間柄です(笑)。

新たな挑戦にワクワクしながら立ち向かう

三年目以降から現在までは主に、会社の中でも戦略的に取り組んでいくべき企業を担当しています。売上や人数規模も非常に大きく、「取引増加のポテンシャルがある」企業やお客さまが中心です。それまで主に担当していた新規開拓のお客さまが数百億規模の売上だとすれば、数千億から一兆円規模。当然、取引額も数十倍、数百倍になる可能性があります。担当した当初は多少のプレッシャーを感じながらも、新たなミッションにとてもワクワクしたことを覚えています。
お客さま側のシステム担当者も数十人。インテック側も上司や他部門、協力会社、時には社長の協力を得ながら組織として立ち向かう動きは、新規開拓とは異なる難しさがありますが、社内外のさまざまな人たちと協力してプロジェクトを進める中で新たな発見と楽しさを感じています。
また昨年度から、新人の教育担当という新たな役割を担っています。人を成長させる難しさを日々実感しながら、自分なりのマネージメントを模索しています。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

目標

次のステップとして小規模なチームのリーダーとして組織のマネージメントをやっていきたいです。将来的に結婚や出産をしても、営業という仕事をやっていきたいと思っています。人とのコミュニケーションや新しい経験がやはり大好きなので。働く女性として自分なりのスタイルをつくれたらと思います。

インテックらしさとは?

会社全体というか、もしかしたら大阪のスタイルかもしれませんが(笑)。お客さまとの距離が近く仕事を超えた信頼関係を大切にする方が多いです。お客さまと飲みに行くだけではなく、プライベートでの交流も大切にしていますね。特に上司にあたる部長からは、関係性のつくり方、お客さまへの向き合い方など学ぶところが非常に多いです。