Loading...

COMPANY & CULTURE企業と社風を知る

02

女性社員による座談会

  • 岩井 淳子 Junko Iwai

    ネットワーク&アウトソーシング事業本部
    クラウド基盤システム部
    エンジニア職


    法学部政治学科卒
    1999年入社

  • 田川 奈美 Nami Tagawa

    第一金融ソリューション事業本部
    バンキングシステム部
    エンジニア職


    商学部社会情報学科卒
    2002年入社

  • 車谷 真由美 Mayumi Kurumatani

    T&M)事業企画部
    コーポレート職


    経済学部経済学科卒
    2008年入社

  • 渋谷 美南 Minami Shibuya

    産業事業本部
    第一エンタープライズソリューション部
    セールス職


    社会学部メディア社会学科卒
    2013年入社

就職活動について

みなさんはどのような就活をしていたのでしょうか?
インテックに決めた理由は?

私の場合はIT業界に絞っていました。当時は大手のIT企業もあったし、ベンチャー系の会社も多く出てきた頃で。その中で、独立系のSIerならあまり縛られずに自分たちで工夫しながら仕事ができるのではと思い、インテックに決めました。

私は人に関わる仕事がしたくて、いろいろな業界をまわりました。ITは世の中のどこにでもあるので、さまざまな業界に関われるし、仕事を通して地域や社会に貢献できるかなと。また、富山出身なのでインテックには親しみもありました。

私も、業界は絞らず、化粧品会社や銀行などいろいろ受けました。その中で、チームで仕事ができる会社がいいなと。学生時代から、自分一人よりも複数でやった方が力を発揮できると思っていたので。

結婚・出産後も仕事を続けたかったので、手に職をつけようと思っていました。そのために、技術が身につくIT系がいいなと。インテックは当時から女性の総合職募集があったし、面接が非常にあたたかくて、ここで働きたいと思いました。

仕事について

みなさんの仕事内容について教えてください。

-岩井さんと車谷さんは同じ本部ですね?

本部は同じですが、仕事での関わりはまだなくて。飲み会ではご一緒してますが(笑)。私は、入社からずっとインフラ畑で、現在は、企業のお客さまに対して、インテックのサービスを組み合わせながら専用の環境を構築する部所のマネジメントをしています。

私は、インテックが持つネットワーク系やアウトソーシング系のサービスをお客さまに提案・販売しています。パートナー企業である同業のIT企業さんに向けて、インテックのシステムやサービスをいかに使っていただけるか、販売いただけるかを考え、営業活動をしています。

私は、基幹システムのパッケージ、「mcframe(エムシーフレーム)」 https://www.mcframe.com/のカスタマイズや導入支援をする仕事です。お客さまに製品紹介をしたり、導入の手法をセミナーで紹介したりする、いわゆるプリセールスですね。もともとはエンジニアとして入社したのですが、物怖じしない仕事ぶりを買われたのか(笑)、この役割になりました。

私は技術系で、お客さまである金融系の企業に常駐しています。課長という立場であちこちの拠点でプロジェクトに関わりつつ、ときには設計もしています。現場からはだんだん手が離れてきて、広く全体を見ている感じですね。

女性としての働き方

女性の働きやすさ、ライフステージごとの意識の変化などについて教えてください。

仕事上で男女差はあまり感じません。男性の方が数は多いけれど、分け隔てない感じですね。男性の部下もいますが、特にお互い気を使うこともなく(笑)。プライベートでは、30代で結婚し、継続して働いています。お子さんのいらっしゃる岩井さんはどうですか?

高校生になる子どもがいますが、産休・育休中は不安もありましたね。でも、復職したら皆さんあたたかく受け入れてくれて。以前と同じポジションを与えてもらい、しばらくは決まった時間帯で働けるよう配慮してもらえたので、すごくありがたかったです。当時より今の方が、復職する女性が増えましたよね?

確かに、私の周りにも、小さなお子さんを持ちながらも家庭と仕事を両立し、バリバリ働いている方が多くいらっしゃいますよ。私自身も、今後そうしたいと思っています。まわりの女性社員を見ても、時短勤務など働きやすい環境が整っているなと感じるので。

私も、結婚したらそうするつもりです。時間単位で休みが取れる制度など、みなさんうまく活用していますよね。お子さんの学校行事のときも、「丸一日休む」か「○時間だけ休む」か、自分で選べるので便利そう。さらに働きやすい職場になったと思います。

今後やってみたいこと

これから挑戦したいこと、目標などを教えてください。

今、営業支援という立場ですが、今後は自分で営業のプロセスを考えたり提案したりできるようになりたいです。今まで手掛けてきたことやスキルを活かしつつ、新しい知識を取り入れながら、上司とともに挑戦していきたいと思います。

営業としてお客さまにインテックのサービスを販売してきましたが、今後はマーケティングなど、より幅広い視点で提案していきたいです。また、いつか海外の方々と関わる仕事もしたいですね。インテックはアメリカやアジアにも拠点があって可能性は広いので。

リーダーになり、後輩や協力会社の方など関わる人が増えたので、その方々を大切にして、皆でプロジェクトを大きくし、新規開拓もしたい。そのために、一人ひとりに何かとちょっかいを出しています(笑)。普段からよく話していれば、困ったときも助け合えるので。

これまでは若い世代の人、とくに女性が仕事をしやすい道筋を作って来たかなと思っているので、今後も続けていきたいですね。楽しく仕事をするとか、チームを作って達成感を味わうとか、若い人がインテックで成長したいと思えるような風土を作っていきたいです。

社風や、仕事以外の付き合いは?

インテックの社風はどういったものでしょう?
また、仕事以外での関わりはありますか?

人と話すのが好きな人が多いかな。私は、同僚はもちろん、お客さまや協力会社さんとも飲みに行きます。ソフトボール大会などアットホームなイベントもあり、仕事以外のつながりが作れるのも良いところ。他には、「IKS(インテックナレッジシェアリング)」という知識を共有する全社発表会など、自分を表現したり自分の企画を実現できる環境ですね。

IKSもそうだし、入社二年目の発表大会に向けて周りの皆がフォローしていますね。若い人を放置せず、声をかけて育てようとする会社。いい意味でお節介な先輩や上司が大勢います(笑)。人と関わって成長していきたい人には、きっと居心地がよい会社ですね。私自身は、平日は社内の人と遊んで、休日は家族と過ごしています。同期とは普段はベタベタしないけど(笑)、お互いを長く知っているから、つらいときに相談するのは同期ですね。

私は、同期の数名と一緒に毎年、海外旅行に行っています。他にも、プロジェクトでご一緒した先輩と旅行したり、ホームパーティーに行ったり。みんなで相撲を観に行ったこともあります。インテックは穏やかな社風なので、仲間と過ごしてお互いを高め合いたい人にぴったりだと思います。

確かに、人との関わりは大切ですよね。技術者でも、設計書に書かれていないことは人に聞かないとわからないし、人と話すことで自分の理解も深まるので。仕事以外では、私はここ最近、課長と毎週飲みに行ってますね。出張にいくと、上役の方が御馳走してくだる機会も多いので、日本中で飲んでいるとも言えます(笑)。

学生へのメッセージ

就活中の学生のみなさんに、アドバイスをお願いします。

就活で業界が絞れないなら、いろいろまわってみてください。会社のカラーは、働いている人に出ると思うので、説明会や面接で「この人たち、良い感じだな」と思えたらその会社とやっていけると思いますよ。それでインテックを選んでいただけたら嬉しいです。

就活中は、SNSなどでいろいろな情報に触れるはず。でも、必ずしもすべてが正しいわけではないので、あまり惑わされずに、実際に自分で人と会って生の声を聞くことをおすすめします。直に話を聞くことで、自分の選択基準がまとまってくると思いますよ。

面接では、あまりかちっと構えず、素の自分を見せた方が、アンマッチが防げると思います。自分の肌に合うところ、ビビッと来る会社はきっと見つかるので、そのために、まずはいろいろな企業と出会ってみてください。

インテックは、困ったときに頼れる上司や先輩、後輩、協力会社などなど、たくさんの仲間と出会える会社。チームで仕事がしたい、人と話をするのが好きという方は、ぜひ来てほしいです!

-みなさん、本日はありがとうございました

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

  • 企業と社風を知る
  • 座談会02