Loading...

CAREER & WORK SUPPORTキャリアサポート

キャリアサポート

人材育成への熱い想いを込めました。
あなたを育てる、インテックカレッジ。

インテック独自の研修カリキュラム、インテックカレッジ(https://www.intec.co.jp/technology/human/college/)。経済産業省が策定したITスキル標準(ITSS)などを活用することで、市場価値の高い技術者の育成を目指しています。特徴は、社員のスキルレベルや担当する職務に合わせた多様なコース。社内だけでなく自宅でも学習が可能。必要なスキルを必要なときに習得できます。もちろん新入社員のためのプログラムも充実。大山研修センターで行われる研修は1ヶ月間。一部をのぞくほとんどの講義の講師を社員が務めます。その人数は毎年延べ120名。新入社員研修の講師は、社内でも優秀な社員が選出され、積極的に研修にかかわっています。「人材育成」への熱い想いを感じる濃い1ヶ月になるはずです。(2020年度、2021年度はオンライン研修を実施)また自己啓発支援も充実。通信教育補助、社外勉強会費用支援など、意欲のある社員の自発的学習を支援します。

キャリアサポート

インテックでは、社員全員がスペシャリストになるために「インテック人材育成フレームワーク」を策定し、フレームワークに則って人材育成を行っています。
会社の経営戦略や事業戦略に合わせ、必要な人材を計画的に育成しているのが大きな特長です。
個人のキャリアパスを勘案しながら作成した育成計画に基づき、研修(インテックカレッジ)→実践→キャリアアップのサイクルを確立することで、着実に人材育成の効果を生み出すことを目指しています。

「インテック人材育成フレームワーク」を基盤とした育成サイクル
「インテック人材育成フレームワーク」を基盤とした育成サイクル
エンジニア系研修の一例

プロデューサー向け研修の流れ

プロデューサー向け研修の流れ
あなたのための目標・育成面談
インテックの人事制度は能力・実績を重視しています。その柱となるのが、目標管理制度です。これは半年に一度、上司と話し合って自分の仕事は何か、どこまでやればどのように評価されるかということを決定するものです。面談は上司から明確な仕事の指示を与えられる場であるとともに、自分のやりたいことをアピールする機会でもあります。目標への達成度は、半年後に上司と話し合いで決定され、その場で本人の足りない点を確認し合い、今後の成長に結びつけます。この結果は賞与や昇給、昇格に反映されていきます。
あなたのキャリアプランニング
社員一人ひとりの適材適所への配置、キャリアプランを年に一度上司とともに考える制度として、自己申告制度があります。上司との面談を通して、やってみたいことや中長期で目指したい姿、実際にいま困っていることなどを率直に話をして方向性を導きます。また、希望者は直接人事部長と面談して自分の意思を伝えることもできます。
OJPS(Open Job Posting System)
OJPSは毎年実施している定期公募制度であり、会社が必要とする人材を広く社内から募集します。
新事業や重要プロジェクトにおける具体的な職務内容、必要なポジションやスキルを広く公開することで、社員が自らの意思でキャリアを切り開く機会とするとともに、組織を活性化することを目的としています。
これまで環境未来都市や先進テクノロジー、全社の経営戦略的なポジションに関わる部所などで実績があり、ビジネス企画を学ぶ大学院留学生も選出しています。OJPSは、社員の自己実現意欲を支援します。
  • 制度と社風を知る
  • キャリアサポート