ニュース

2014年08月12日

株式会社インテック

気候変動キャンペーン「Fun to Share」への参加について

 環境省では、2014年からこれまでの地球温暖化防止国民運動に代わる新たな気候変動キャンペーンとして「Fun to Share」をスタートしています。

 「Fun to Share」とは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていくための合言葉で、「目標に向けてガマンしながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しく暮らしながら、低炭素社会を作ろう」という発想です。キャンペーンでは、具体的な活動として、夏の節電対策として「クールビズ」、アサガオなどの植物を育てて作る「グリーンカーテン」、朝早くから活動して夜はゆっくり休むというライフスタイル「朝チャレ!」などを推奨しています。

 インテックは、「環境保全に関する指針」に基づき、率先して環境保全活動に取り組んでいることから、この「Fun to Share」に参加します。社員一人ひとりの日常の取り組みや高い省エネルギー性能を実現したデータセンターはもとより、ICTの利活用で環境に優しく安全・安心で快適な新しい街づくりで低炭素社会の実現にむけて取り組んでまいります。

本件に関するお問い合わせ

株式会社インテック 東京総務部 TEL:03-5665-5100