イベント・セミナー

デジタル化に向けた企業変革の要諦~TIS・インテックGrが訴求する理想の解決策~

ポスト2020に向け、全ての業種・業態において変革の波が押し寄せております。各企業様においてもDX推進の為に様々な角度からシステムにメスを入れ、構築・更新・連携を推し進めている事と存じます。昨今企業間をまたがる課題解決には情報連携クラウドサービスの活用が不可欠となってきております。本セミナーではクラウドファースト、ハイブリッドクラウドを目指す企業様に向け新しい情報連携の形とその先の業務システムの在り方をご提案します。

概要

名称 デジタル化に向けた企業変革の要諦
~TIS・インテックGrが訴求する理想の解決策~
開催日時 2019年04月26日(金) 15:00~17:25 (受付14:30)
定員 80名 (事前登録制)
対象 DX、クラウドファースト、ハイブリッドクラウドを推進する企業様
会場
  • 東京国際フォーラム ガラス棟(G409)(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
    地図はこちら
参加費 無料
主催 TIS株式会社 ・株式会社インテック
対象商品
ご案内資料

プログラム

15:05~15:55
(50分)
ポスト2020に向けた企業変革への道標
株式会社アイ・ティ・アール
会長/エグゼクティブ・アナリスト 内山 悟志 氏

あらゆる業界にデジタライゼーションの波が押し寄せる中、企業はさまざまな変⾰を推進しようとしています。しかし、従来の業務プロセス改⾰と異なり、⽂化・⾵⼟、組織、制度、権限、⼈材など、企業の根幹にかかわる多岐にわたる変⾰が求められます。本セッションでは、2020年以降に予想されるビジネス環境、テクノロジなどの変化と、基幹システムの未来仮説に基づく将来像を見据えて、企業に求められる環境整備と変⾰のアプローチについて提⾔します。
16:05~16:35
(30分)
TIS・インテックが推し進めるクラウドファースト時代の情報連携基盤とは
TIS 株式会社
サービス事業統括本部 プラットフォームサービス事業部
プラットフォームサービス第1部
部長 浦田 賢一

クラウドファーストが本流となりつつある昨今、企業における情報連携、システム間連携への関心が高まっております。オンプレミスとクラウドとの融合が進む中、ネットワークを意識すること無くシステム連携を行うiPaaSをいかに活用するかが今後の企業の課題と言えます。持つから使うへ。TIS・インテックが推し進める情報連携基盤サービスについてご紹介します。
16:35~17:15
(40分)
変化に追従できるDX時代の製造業向け基幹ソリューションmcframeの有用性
株式会社インテック
産業事業本部 第一エンタープライズソリューション部
部長 林 鋭範

mcframeは、1996年の初版リリース以来、約600社のお客さまにご利用いただいている製造業向け基幹ソリューションです。さまざまな業務ノウハウを反映した製品設計により、お客さま業務への柔軟な対応が可能です。また、データベースやソースコードを公開しているので、システムのブラックボックス化を防ぐと共に容易なデータ活用も可能とします。お客さまに鍛えられた最新版mcframeの特徴とNo.1パートナーであるインテックが提供する業界テンプレートおよびクラウドサービスについてご紹介します。
  • プログラムの内容は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 同業他社からのお申し込みは、お断りする場合がございます。
  • 定員に満たない場合は中止とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社インテック
産業事業本部 第一エンタープライズソリューション部
セミナー事務局
〒136-8637 東京都江東区新砂1-3-3 (インテック東京本社ビル)
TEL:(03)5665-5185

E-mail
mcf_info@intec.co.jp
  • 記載されている会社名、商品名等は、各社の登録商標または商標です。