イベント・セミナー

「Cloud Days Tokyo 2016」セミナー講演/展示のご案内

 クラウドは新しいビジネスを切り拓くドライバーとして広く使われるようになり、プライベートとパブリックを適時使い分ける「ハイブリッドクラウド」の導入も加速しています。
 ICTの活用法が大きく変化している中、ビジネスの変革・競争力強化のためのソリューションが一堂に介する専門イベント「Cloud Days Tokyo 2016」が開催されます。
 インテックは「今だから言える。パブリック(メガ)クラウドの使いどころを、SIerの視点から」と題し、ITインフラの選定ポイントについてご紹介するセミナー講演をはじめ、クラウドサービスの展示を予定しております。

ぜひ、ご来場いただけますよう、お願い申しあげます。

概要

名称 Cloud Days Tokyo 2016
開催日時 2016年3月10日(木)~3月11日(金)
展示会 : 10:30~18:00
セミナー: 10:00~17:40(予定)
※弊社講演は3月11日(金)12:30~13:10
定員 弊社セミナー 100名
対象 企業における情報システム部門や経営部門の企画担当者、インフラ担当者、運用担当者、情報システム子会社、ユーザー企業に常駐しているSIerなど
会場
  • ザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区芝公園4-8-1)
    地図はこちら
参加費 3,000円 (消費税込、事前登録により無料)
主催 日経BP社
対象商品
  • EINS/SPS
    高品質・高可用の仮想サーバ基盤サービス
  • EINS/MOW
    データセンター・クラウド・自社システムを結ぶ堅固なネットワークサービス
  • EINS/VDC
    全国3地域で提供する高品質でフレキシブルなデータセンターサービス
  • EINS/ISS-EPSecurity
    パターンファイルレス/フルクラウド型のエンドポイントセキュリティサービス

プログラム

3月11日(金)

12:30~13:10 今だから言える。パブリック(メガ)クラウドの使いどころを、SIerの視点から
株式会社インテック
ネットワーク&アウトソーシング事業本部 N&O事業推進部
課長  神保 岳大

サーバをクラウドに置くことが当たり前の今日、一口に「パブリッククラウド」と言っても使い方や機能は多種多様です。クラウドサービスを提供するインテックとして、メガクラウドサービスとの使い分けを具体的にどうすべきなのか、システムインテグレータの視点とビジネス現場の実態を交えて、明らかにします。
  • プログラムの内容は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 同業他社からのお申し込みは、お断りする場合がございます。
  • 定員に満たない場合は中止とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社インテック
ネットワーク&アウトソーシング事業本部
N&O事業推進部

E-mail
net_info@intec.co.jp
  • 記載されている会社名、商品名等は、各社の登録商標または商標です。