イベント・セミナー

【大阪】基幹システム構築を成功に導く企画構想とは

 基幹システムの再構築を検討している製造業さまにおいて、企画構想フェーズがなかなか進まないという悩みが散見されます。
 基幹システムの再構築は、十年に一度あるかないかのビッグイベントであり、これからの企業活動に変化・改革をもたらす企画構想フェーズは、非常に重要なポイントとなります。本セミナーでは、これからの企業活動全体の最適化を推進する「基幹システムの企画構想」の進め方を、事例を交えてご説明するとともに、「製品のライフサイクル管理を強化し、儲かる製品/これから儲ける製品」を見分ける真のPLM実現に向けたアプローチと製品をご紹介します。
 ぜひ、この機会に本セミナーにご参加くださいますようお願い申しあげます。

概要

名称 基幹システム再構築を成功に導く企画構想の進め方とは?
~業務効率化・合理化とビジネス貢献を実現するIT構想~
開催日時 2015年07月24日(金) 14:30~17:15
※受付開始 14:00~
定員 15名
対象 機械、機器製造業向け
会場
参加費 無料 (事前登録制)
主催 株式会社インテック
共催 ・協賛 共催:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社、株式会社図研
協賛:株式会社セゾン情報システムズ

プログラム

14:00~14:30 受付
14:30~15:20 基幹システム再構築を成功に導く、企画構想の進め方
~企業活動全体を見据えた最適像を描くためには~

講演者:株式会社インテック SI事業本部
MCFソリューション部 シニアコンサルタント 中村 浩司

次期基幹システムの企画構想がなかなか進まないという製造業さまの悩みには、大きく2つの要因が挙げられる。1つは、企画構想の進め方自体が良く分からないという点、もう1つは、企画構想の検討範囲をどこまで広げるかという点である。本セッションでは、企画構想を進める上でリファレンスになる考え方を提供するとともに、製品の設計開発、生産業務、販売業務、原価・会計業務といった製造業さまの生産活動の全体を見据えた企画構想を、事例を交えて紹介する。
15:20~16:10 生産と設計の一体化で獲得するコスト競争力
講演者:株式会社図研 プリサイト事業部
プリサイト営業部 部長 尾関 将

製品コストの8割は設計段階で決まるとも言われているが、多くのPLMシステムは設計付帯業務の効率化にスコープを当てており、コストダウンの課題に正面から向き合っているとは言い難い。また、基幹システム更新時にPLMが検討されるケースにおいても、データの整流化のみを目的にすると、経営的効果を見出しづらい。本セッションでご紹介するMCFrame/PLM(visual BOM)は、部品標準化による原価低減を強力に推進するエンジニアリングプラットフォームである。設計者にストレスを感じさせることなくコストダウン設計を定着化させると共に、生産サイドの知見を設計に反映するVE提案を支援する。
16:10~16:25 休憩
16:25~17:15 利益創出、競争力優位の実現に向けて
講演者:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 商品企画本部
商品企画2部 部長 伊与田 克宏

製造業様における原価管理業務は、多岐にわたる。
 ①原価シミュレーションによる原価企画
 ②目標原価と実際原価の対比による原価改善
 ③高利益率品、薄利品等の把握による事業戦略
 ④関連会社を含めたグローバル環境における連結原価等
MCFrame原価管理は、企業内の膨大なデータを集約し、客観的な数値を見せることで、経営や事業の意思決定迅速化を支援する。
  • プログラムの内容は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 同業他社からのお申し込みは、お断りする場合がございます。
  • 定員に満たない場合は中止とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社インテック セミナー事務局 
TEL:03-5665-9917 FAX:03-5665-5186

E-mail
mcf_info@intec.co.jp
  • 記載されている会社名、商品名等は、各社の登録商標または商標です。