イベント・セミナー

インテック 先進技術活用イノベーションセミナー

※【御礼】お申込みが定員に達したため、受付は終了いたしました。

統合位置情報プラットフォーム、IoT/M2M時代のビッグデータ蓄積・分析プラットフォームなど、インテックでは、さまざまな先進的技術を活用してプラットフォーム基盤の構築を進めております。

本セミナーでは、プラットフォーム構想と最新の技術活用の取り組みをご紹介いたします。
立命館大学の西尾教授による「G空間情報とIoTの融合による社会・暮らしの革新」についての基調講演もございます。

ご多忙の折とは存じますが、是非ともご来場賜りますようお願い申しあげます。

概要

名称 インテック 先進技術活用イノベーションセミナー
開催日時 2015年07月07日(火) 13:00~17:00
定員 100名(参加定員となり次第、申込受付を終了とさせていただきます)
会場
参加費 無料
主催 株式会社インテック
資料

プログラム

13:00~13:05

ご挨拶

13:05~13:45

【基調講演】 

G空間情報とIoTの融合による社会・暮らしの革新

- 位置情報の活用がもたらす未来社会の姿 -

立命館大学 情報理工学部

教授 西尾 信彦 氏


GPSを利用したカーナビや、各種地図アプリは、もはや我々の生活には欠かせないものとなっています。一方でビルや地下街など屋内を中心とした位置情報の提供サービスは屋外と比べ未開発の部分がありましたが、Wi-FiやBluetooth、各センターを搭載したスマートフォンの普及に加え、総務省による「G空間×ICT推進会議」の開催により注目を集めています。本講演では政府が進めるG空間シティ構築事業の一環として実施された「G空間シティ地下災害対策コンソーシアム」の代表を務められている西尾教授より、位置情報の活用がもたらす未来社会の姿についてご講演頂きます。

13:50~14:30

IoT/M2M時代の社会システム・プラットフォームとは

株式会社インテック 社会システム戦略事業部

常務執行役員 事業部長 今里 直人


いろいろなモノがネットワークにつながるIoT/M2Mの時代を迎えようとしています。インテックでは従来からご提供している信頼性の高いクラウド基盤の上に、モノとつながりサービス提供する社会システムのためのプラットフォームの構築を進めております。本講演ではインテックの新しいプラットフォーム構想とその取り組みをご紹介します。

14:30~15:10

今後注目すべきIoT分野の技術展望と先端技術研究所の取り組み

株式会社インテック 先端技術開発本部

執行役員 本部長 荒野 高志


「今後注目すべきIoT分野の技術展望と先端技術研究所の取り組み」IoTにまつわる最先端技術の展望と、ビッグデータ基盤・応用、位置情報プラットフォーム、インターラクティブなインターフェース・デザインなどインテックのイノベーションエンジンとしての先端技術研究所の取り組みをご紹介します。

15:25~16:05

【事例紹介】

「位置」を取り入れた先端的なITソリューションとは

株式会社インテック 先端技術開発本部

先端技術企画部 平井 日出美


GPSを利用した業務やサービス、そしてスマートフォンが一般的になる中で、インテック独自の位置情報プラットフォーム「i-LOP」(アイロップ)を使うことで、屋内や地下などの位置も検知できる機能を活用することが可能になります。

建設、医療介護、観光サービス、自治体など、多くの活用シーンを実証事例を交えてご紹介します。

16:05~16:45

【事例紹介】

環境未来都市富山を支えるインテック

株式会社インテック 社会システム戦略事業部

環境未来都市事業推進室 室長 大間知 一彦


2011年12月に「環境未来都市」のひとつに選定された「富山市」のコンパクトシティ戦略についてご紹介するとともに、プロジェクトに参画しているインテックが、どのようにICTを使って政策を支えているかについて、事例を含めてご紹介します。

 16:45~17:00

閉会

  • プログラムの内容は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 同業他社からのお申し込みは、お断りする場合がございます。
  • 定員に満たない場合は中止とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社インテック
西日本地区本部
先端技術イノベーションセミナー事務局(担当:今井)

E-mail
innov_seminar_osaka@intec.co.jp
  • 記載されている会社名、商品名等は、各社の登録商標または商標です。