50年のあゆみ

1964-1980 コンピュータ・ユーティリティの理想を胸に

旧北日本放送社屋を借りてスタート 1964

半世紀前、インテックはわずか17名で情報サービス産業という大海原に漕ぎ出しました。
創業以来目指してきたのは、「いつでも、どこでも、誰もが」自由にコンピュータの恩恵を受けられる・・・そんな「コンピュータ・ユーティリティ」の実現。
その大きな目標に向かって、インテックは富山から全国に拠点を広げるとともに大型ソフトウェア開発、通信ネットワーク網の構築へと事業を拡大させていきました。

左:富山地鉄ビルマシン室 1967
右:丸の内事業所マシン室 1968

丸の内事業所 パンチ室 1968

仙台事業所開設 1970
西泰蔵初代社長(右)金岡幸二第2代社長(中央)

新入社員と富山ビル 1975

1964年01月 「株式会社富山計算センター」設立
1966年01月 新潟事業所開設
1967年04月 東京事業所開設
1968年08月 名古屋事業所開設
1969年03月 高岡事業所開設
1970年07月 仙台事業所開設
1970年10月 「株式会社インテック」に社名変更
1970年10月 大阪計算センター開設
1972年10月 札幌出張所開設
1973年05月 金沢営業所開設
1973年06月 特定回線によるTSSサービス開始、翌年には公衆回線でも
1975年10月 富山相互銀行(現富山第一銀行)の総合オンラインサービス開始
1976年02月 九州計算センター開設
1976年03月 東京-大阪でTecAce Net専用線開通(1980年、通信網完成)
1976年05月 銀行オンラインシステムを韓国へ輸出、社員5名を派遣
1977年09月 医療情報システム「メディパック」発売
1979年10月 地方自治体向け 住民情報オンラインシステム完成
1978年04月 四国センター開設

1981-1994 技術のインテックとして成長

GTEテレネット社と販売代理店契約を締結(中尾哲雄第3代社長 右) 1982

業界の先頭に立ち、国に通信の民間開放を訴えたインテック。自由化を見据えて、米GTEテレネット社と提携し最新技術を導入。独自の通信機器を開発して民間初のパケット通信網「AceTelenet」を構築しました。
1985年、ついに通信の自由化が実現。インテックは特別第二種電気通信事業者として第1号認可を受け、業界VANサービスに乗り出します。
また、異分野の企業や大学と積極的に協業、通信カラオケや病理検査支援システムなど新たな製品やサービスを世に送り出しました。

名証2部上場 1982

左 :本社ビル タワー111
右上:郵政省の衛星利用パイロット計画に参加 1983
右下:金岡幸二社長、参院逓信小委員会で陳述 1985

東京ビルのNCCルームでAce Telenetを集中管理 1985当時

1982年03月 米GTEテレネット社と販売代理店契約
1982年11月 名証2部上場
1983年04月 行政情報オンラインシステム「CIVION」発売
1983年04月 大分センター開設
1983年10月 パケット交換サービス開始
1984年02月 広島センター開設
1984年11月 東証2部上場、1986年には東証・名証1部上場
1985年04月 特別第二種電気通信事業者として郵政省から第1号認可
1985年08月 日用品雑貨業界VAN「プラネット」設立
1986年04月 食品業界VAN「ファイネット」設立
1987年04月 福井出張所開設
1987年09月 「国際ヴァン株式会社」設立 翌年、日米間の付加価値通信サービス開始
1988年01月 パソコン通信「Tri-P」サービス開始
1990年01月 大山研修センター竣工
1990年08月 インテック横浜ビル竣工
1991年10月 ISDNサービス開始
1992年10月 ブラザー工業と共同で通信カラオケ「JOYSOUND」発売
1993年10月 長野公共センター開設
1994年04月 富山市に本社ビル「タワー111」竣工
1994年12月 ニコンと共同で、病理・細胞診検査業務支援システム「EXPath」発売

1995-2014 データセンターを基盤に、新たなサービスを

東京本社ビル

“情報サービス”が社会インフラとして急速に重要性を増す中、インテックは堅牢なデータセンターを各地に設置しました。
創業以来の実績に裏打ちされた高度な運用サービスで企業や社会に貢献するとともに、クラウドを用いたさまざまなサービスを生み出しています。
また、お客さまのグローバルな活動を支えるため、上海や武漢、大連、バンコクなどアジア各地に次々と拠点を開設しました。

豪テルストラ社との調印式 1998

アット東京設立記者会見(金岡克己第5代社長 右) 2000

インテック上海設立(宮地秀明第4代社長 中央) 2007

ITホールディングス発足 2008

1995年06月 金融機関向け情報系ソリューション「F3(エフキューブ)」発売
1995年07月 電子帳票システム「快速サーチャー」発売
1997年05月 IPネットワークサービス「EINS」開始
1998年10月 日本IBMとアウトソーシング分野で業務提携
1999年05月 インテック東京ビル竣工
2000年06月 東京電力とデータセンター事業の「株式会社アット東京」設立
2003年10月 愛媛センター開設
2003年11月 湖北省武漢市に「インテック武漢」設立
2006年06月 富山市にインテック本社前ビル(ポートラムスクエア)竣工
2007年01月 インテック武漢上海分公司設立
※2010.12 インテック上海として独立
2007年03月 事業所内託児所「インテック キッズホーム」開所
2008年04月 TISとともに、共同持株会社「ITホールディングス株式会社」を設立
2008年04月 山口センター開設
2009年08月 北陸電力と共同でデータセンター事業の「株式会社パワー・アンド・IT」設立
2010年04月 食品流通業界向けのクラウド型トレーサビリティサービス「i-TRe」提供開始
2010年07月 富山県高岡市に「インテック万葉スクエア」竣工
2012年02月 バンコクに「インテック システムズ バンコク」設立
2012年04月 遼寧省大連市に「インテック大連」設立
2012年06月 広域仮想クラウドサービス「EINS WAVE」の提供開始
2012年10月 関電システムソリューションズと協業して「大阪第2DC」を開業
2012年11月 音波を利用した「スマートフォン向け屋内位置推定技術」を開発
2013年01月 環境未来都市事業準備室を設置(現環境未来都市事業推進室)
2013年05月 個人の健康増進を支援するクラウドサービス「スーパー・フェニックス」開始
2013年10月 ビッグデータ活用に向けて「ユビキタスプラットフォーム事業開発室」を設置
2014年01月 創立満50年