最新技術への挑戦

新しい技術を先進的・効果的に取り入れることで、お客さまの企業価値の向上をはかり社会に貢献します

インテックは、新しい技術を先進的かつ効果的に取り入れることで、お客さまの企業価値の向上を図り、社会に貢献してまいります。
インテックでは「先端技術研究所」を中心に、幅広く技術動向を捉えるとともに、有力な技術に注目し、独自技術にするための研究開発を推進しています。

主な研究開発分野

今やITは企業ばかりでなく、社会や経済にも広く浸透し、私たちの生活に大きな利便性をもたらしています。ITは社会生活を支える基盤として、さらなる成長と発展が期待されています。高度化・深化するお客さまや社会のニーズに高水準で応えるために、インテックは先端的で独自の研究開発に積極的に取り組んでいます。研究開発分野は多岐にわたり、ITによる新しい価値の創造に向けて大きな可能性が広がります。インテックは以下のような分野で研究開発に取り組んでいます。

サイバーフィジカルシステム(CPS)の実現に向けて

『ほかと違う、おもしろい、役に立つ』研究開発を目指して

優れた研究成果であってもお客さまや社会から必要とされなければ意味がありません。インテックは、営業、マーケティング、開発との連携を密にとりながら、研究開発に取り組んでいます。マーケティング機能との連携では、お客さまニーズと技術動向の把握に努めています。また、研究成果を迅速に商品化・事業化に結びつけ、いち早くお客さまに提供するために、営業機能と開発機能との連携にも注力しています。研究成果をインテックの経験や実績に基づく総合力と融合させることで、高品質で高付加価値の商品・サービスを産み出していきます。

フォーカス

注目すべき最新技術について「先端技術研究所」の取り組みをご紹介します。

モーション認識

加速度や角速度を測定する各種センサを使って利用者の動き(モーション)を認識する技術の研究開発を行ってきました。その研究成果から、利用者の手首にスマートウオッチを着けるだけで、腕の動きを自動的に学習、認識及び可視化するモーション認識システムを開発しました。

詳しく見る

クラウドロボティクス

クラウドロボティクスは、IoTの延長にあるIT(サイバー世界)と現実(物理世界)が融合したサイバーフィジカルシステム(CPS) を実現するための概念です。これまでに、屋内を走行して環境地図作成や各種センシングを行う移動台車ロボット、VR(Virtual Reality)ゴーグルと連携して遠隔地に行かずに臨場感が体験できるテレプレゼンスロボットなどを開発しました。

詳しく見る

統合位置情報プラットフォーム

複数の測位技術を組み合わせて、屋内外のシームレスな位置情報を、事業者や社内外のアプリ開発者に幅広く提供するためのサービスプラットフォームを研究開発しています。測位技術を詳しく知らなくても、誰でも位置情報を利用したアプリケーションを開発することができます。

詳しく見る

IPv6技術

IPv6のリーディングカンパニーとして、IPv6化のためのコンサルティングや最新のネットワークソリューションを提供しています。「IPv4枯渇時計」の公開も行っています。

詳しく見る