PMO
(Project Management Office)

全体最適の見地からプロジェクトの支援・監査を行い、成功率を向上させています

インテックのPMOとは

PMOは、一般的には「その管轄化にある複数のプロジェクトのマネジメントを一元化し、調整を行う組織の一部門である」と定義されています。
インテックのPMOは「全体最適の見地から、プロジェクトの支援・監査を行うことで、プロジェクトの成功率を向上させるための機能とする」と定義しています。プロジェクトが成功を収めるよう、プロジェクトの開始から終了まで次のような活動を行っています。プロジェクトの成功により、お客さま満足度の更なる向上に努めています。

「企画・提案」から「運用・保守」まで、プロジェクト支援・ウォッチを行いながら適宜レビューを行います。

1. 提案前レビューによる受注品質の向上
提案対象となるプロジェクトにひそむリスクを洗い出し、事前に対応策の検討・指示を行います。
2. プロジェクトトレースによるマネジメント品質の向上
プロジェクトの計画やリスクを、客観的な第三者の立場でチェック・アドバイスするのがプロジェクトトレースです。また、プロジェクトが抱える技術的な問題を検討し解決策を生み出す場にもなっています。レビューには、PMOだけではなく開発部門の有識者もレビュアとして参画します。
プロジェクトトレースはプロジェクトの進捗に応じて適宜行われ、その報告は経営者にもエスカレーションされます。
3. 全社的見地からのプロジェクトモニタリング
PMOは、指標の活用や直接のヒアリングなどを通じ、全社の稼動プロジェクトを網羅的に常時モニタリングしています。必要ならば、プロジェクトの具体的な課題を一緒に解決することもあります。
4. ノウハウの共有化
プロジェクトごとに分散しがちな、プロジェクトマネジメントやさまざまなプロジェクトのマネジメント経験から得られた知見を共有化して、インテックとしてのマネジメント能力の向上を図っています。

インテックのPMOの位置づけ

全社PMOと部門PMOの複数体制により、プロジェクトを強力に支援します。大規模なプロジェクトでは、プロジェクト内PMOを設ける場合もあります。個別プロジェクトに対しては、PMO間で情報連携し、支援、監査を行っています。