原価精度の向上(製造業)

標準+実際原価による差異分析に基づき原価精度を向上する。

採算性の高い商品に注力していくため経営資源の最適配分を行いたいが、品目別の損益が不明である

課題

新興国の安価な競合製品に対して日本の製造業が、競争力を確保するため、少品種多量生産から多品種少量生産型へシフトを進めるが、安定した収益が確保できない。

解決の糸口

品目別の原価管理を実施して、『製品毎の採算の適時把握』『個別製品の収益改善』を実現して高収益体質へと転換を図るとともに、必要なデータを適宜抽出して経営情報をリアルタイムに把握する。

おすすめの商品・サービス

関連する事例紹介