「i-LOP(アイロップ)」統合位置情報プラットフォーム

概要

i-LOPは、GPS、Wi-Fi、非可聴音(音波)、BLE(Beacon)などの複数の位置測位技術をアプリケーションから簡単にかつシームレスに扱うために、クラウド上に構築されたプラットフォームサービスです。
i-LOPを活用することで、位置情報サービスの開発を容易に行うことができ、開発コストを削減できます。
また、新しい測位技術への対応はi-LOP側で行われるため、サービス提供事業者側での対応は必要ありません。これにより、機会損失の削減や、対応負荷の軽減につなげることができます。