i-TRe(アイトレ) -トレーサビリティシステム-

概要

「i-TRe」(アイトレ)では、食の「安全」を「安心」につなげる「トレーサビリティシステム」をサービス提供いたします。「製品仕様書サービス」では、チェーントレーサビリティにおいて必要となる”サプライチェーンに関係する全ての組織や消費者で仕様書情報を共有する”ための機能を提供いたします。

特長

1.企業間での仕様書共有
「i-TRe」は、SaaSで提供するため、サプライチェーンの全ての関係者の間で、仕様書情報を一元的に管理、共有することができます。

2.企業間電子ワークフローの活用
バイヤー企業内はもちろん、お取引先企業との間での製品仕様書の提出、確認、承認業務をカバーできる電子ワークフロー機能を標準で備えており、業務スピード向上、業務効率化を実現できるうえ、関係者間で仕様書提出、承認状況を確認できるようになります。

3.要望にあわせたカスタマイズが可能
「i-TRe」は、仕様書項目の追加、専用帳票の作成、社内システムとの連携など、お客さまのご要望にあわせて柔軟なカスタマイズを実施したうえで利用していただくことができます。

4.仕様書情報が集めやすい
「i-TRe」は仕様書情報の収集ツールとして無償の「eBASE」を利用するため、ユーザー企業は、業界に広く普及している「eBASE」を通じて、多くのお取引先から効率よく仕様書情報を収集することが可能となります。食品業界では約61,000ユーザー/16,000社で「eBASE」が採用されています。(2013年8月末現在)

主な機能