「H323ProxyServer」H323プロキシサーバ

本製品は、通信サービス事業者様、通信機器メーカー様 及びテレビ会議ソリューションベンダー様向けソリューションです。単体での購入を希望されるお客さまには、当社の販売パートナー様をご紹介します。

概要

H323ProxyServerは、ITU-T勧告H.323プロトコルに準拠したセッション・ボーダー・コントローラです。
H.323プロトコルは、VoIPやIPテレビ会議システムで利用されている通信方式ですが、IPパケットのデータ部にIPアドレスやポート番号などの情報を設定するため、ファイアウォール/NATが経路に存在するとこれらのシステムやサービスを利用することはできませんでした。
H323ProxyServerは、ファイアウォール/NAT経由を利用したまま、セキュアにVoIP通信を行うことができます。アドレス空間やポリシーの異なるネットワーク間をセキュア&シームレスに繋ぎ、映像や音声を使ったコミュニケーション環境を構築します。

特長

【POINT1:様々な「異なる」ネットワークを相互接続】
・ファイアウォール/NATで区切られたネットワーク間でセキュアなVoIP通信を実現します。
・セキュリティ・ポリシーの異なるネットワーク間でVoIP通信が可能です。
・全てのファイアウォール環境で利用できます。

【POINT2:セキュリティ・信頼性】
・アプリケーションレベルでアドレス変換および呼毎のポートの管理を行います。
 従来のファイアウォールでは不可能なダイナミックな制御を実行し、セキュアなVoIP通信を実現します。

【POINT3:多様な機能】
・E.164、H.323IDなど、IPアドレス以外でのコールが可能です。
・複数IPアドレス(IPエイリアス)によるIPアドレスの1対1接続が可能です。IPアドレスでしか発信できないIPテレビ会議装置に最適です。
・アクセス許可によるフィルタリングが可能です。
・通話記録を保存します。
・ゲートキーパーとの通信に対応します。H.323端末または隣接ゲートキーパーとして設置できますので、あらゆるH.323環境に適用できます。

【POINT4:H323ゲートキーパー機能(オプション)】
・H323ゲートキーパー機能をオプションで選択できます。PC上のソフトフォンやインターネット上の装置など、動的アドレスを利用する端末への接続が可能です。

【POINT5:ブロードバンドルーター機能(アプライアンス版)】
・PPPoE、DHCPクライアントによるブロードバンド接続機能を有し、ブロードバンドネットワーク環境で利用できます。

【POINT6:カスタマイズ可能】
・ご要望に応じて柔軟にカスタマイズします。

主な機能

・H323メッセージのアドレス変換
・複数コールの同時接続
・複数RTPセッションの接続
・T120のサポート(NetMeeting)
・T38のサポート(TCP/UDP)
・ファーストスタート、H245トンネリングに対応
・H.281遠隔カメラ制御に対応
・エイリアスアドレスでの相手先指定
・ログ、通話履歴の蓄積機能
・Webインターフェイスによる管理機能
・スタッキング構成のサポート

仕様