F3(エフキューブ) エージェント版セグメントアナライザー

概要

エージェント技術の採用により、非同期検索処理を実現したWeb対応データベース検索システム

エージェント技術とは、人が行う情報処理を「仮想的な主体(=エージェント)」によって代行させる技術です。エージェント技術のメリットには、ネットワーク負荷軽減、処理待ちによるPC占有の排除、大量検索依頼の高負荷対応などがあります。
従来型のDB検索システムでは、大量のデータからDBを分析・検索する場合、大量のデータとサーバーの処理速度がネックとなり実行状態のままでいつまでも結果が返ってこない状態が発生することがありました。
クライアントとサーバの間に『エージェント』を介在させることで、クライアントが処理要求を出した後は、接続を切ってしまっても『エージェント』がその処理(サーバとのやりとり)を引き継ぐことが可能になります。もちろん、接続状態のままで処理を継続することも可能です。
また、このような非同期処理によって、複数の検索を並行処理することも可能です。

特長

1. お持ちの蓄積されたデータを活用し、データソースを登録。DB構造を意識せず、項目名の選択、条件を設定するだけで明細出力やデータ分布状況の把握が可能です。
2. サーバーのデータソースと、手持ちリストや他システムからの出力データ(CIF)等と連携した抽出・分析が可能です。
3. 検索・集計結果はExce形式での出力・保存が可能 です。
4. 検索・集計条件の登録機能によりユーザ間での条件の共有が可能 です。
5. 非同期検索処理が処理待ちとネットワーク負荷を軽減し、業務効率向上を実現します。
6. システム構成や導入規模に応じて、ハードウェア、アプリケーションサーバー、データベースを選択できます。

サービス概要

活用方法

各種データの検索とクロス集計
 ・顧客情報のセグメント分析(取引見込先抽出など)
 ・ダイレクトマーケティング支援
 ・期日管理
 ・経営戦略立案
 ・その他さまざまなデータの検索・集計による活用