F3(エフキューブ) AMLソリューション

概要

F3(エフキューブ)AMLソリューションは、顧客管理を中心とした金融機関向けトータルアンチマネーローンダリングソリューションです。

昨今、金融機関では犯罪収益移転防止法の改正に伴い、顧客情報の管理や反社会的勢力への対応、疑わしい取引のモニタリングの強化が求められています。
F3(エフキューブ)AMLソリューションは、犯罪収益移転防止法やFATF勧告が求める各種要請に対応すべく、KYC(顧客管理)を中心に、取引モニタリングやフィルタリング、疑わしい取引の届出業務を一貫してご支援する金融機関向けトータルアンチマネーローンダリングソリューションです。

対象のお客さま

金融機関さま

アンチマネーローンダリングや反社会的勢力対応を検討中の金融機関さま

利用シーン

アンチマネーローンダリング、疑わしい取引の届出業務を一貫して支援

KYC(顧客管理)を中心に、取引モニタリングや反社会的勢力や凍結口座名義人のフィルタリング、疑わしい取引の届出業務を一貫して支援し、金融機関のコンプライアンス対応、健全な経営の継続を実現します。

特長

アンチマネーローンダリング、疑わしい取引の届出業務を一貫して支援

1.KYCから検知、検証、分析、評価といったアンチマネーローンダリング業務を一貫して支援。
2.反社会的勢力や凍結口座名義人など各種ウォッチリストに対応したフィルタリング。
3.金融情勢に対応すべく柔軟にルール変更が可能、かつ高度分析を可能とするモニタリングエンジン。
4.届出事例をベースとした取引モニタリング標準テンプレートを提供。
5.F3(エフキューブ)CRMソリューションとの標準連携が可能であり、守りと攻めの両立を実現。