「EINS/SPS」仮想サーバ基盤サービス

ビジネスに新たなつながりを-クラウドサービス「EINS/SPS」

インテックでは、お客さまの既存環境や運用形態に合わせて、2つのクラウドサービスを提供しています。


動画共有サイト(YouTube)で本サービスの動画をご覧いただけます。

概要

お客さまのビジネス環境の変化に迅速に対応するため、インテックは、高品質・高可用のビジネス・クラウドサービスにより、お客さまのビジネスを支えます。
高信頼ファシリティの国内データセンターでの運用、構成機器の冗長化による信頼性確保、市場での実績が豊富なVMware vSphereの採用、という3つの基本コンセプトに、 お客さまのニーズに合わせてご選択いただけるよう「EINS/SPS Managed」と「EINS/SPS SelfPortal」の2種類のラインナップを揃えています。

サービス概要

EINS/SPSは、以下の共通コンセプトにより、提供しています。

EINS/SPS Managed

専門スタッフがオーダーメイドで環境構築から運用まで対応するマネージド型のクラウドサービスです。
インテックの、長年のアウトソーシングサービス事業で培った設計、構築、運用ノウハウを活かし、お客さまのイントラネットの直収や、ハウジング環境とのハイブリッド接続が実現でき、インテックがリソースの管理業務を代行します。主に企業のイントラネットシステムやインテックの管理サポートが必要なお客さま向けサービスです。

EINS/SPS SelfPortal

シンプルデザインのコントロールパネルが使えるセルフサービス型のクラウドサービスです。
お客さま自身が、インターネット経由でIaaSの操作をするコントロールパネル機能を持ち、ネットワーク、サーバ、ストレージといった環境を自由に構築することができます。サーバ等の環境はインテックの堅牢なデータセンター上に配備され、可能な限りの冗長性を保っています。お客さま拠点との直接接続やハイブリッド構成により仮想プライベートクラウドとしての利用も可能です。

「EINS/SPS」について詳しくお知りになりたい方は、左のバナーから専用サイトをご覧ください。

※ 掲載されている会社名、商品名、ロゴマークは、各社の商標または商標登録です。