「CIVION-7th」総合行政情報システム

概要

特長

【POINT1】情報の共有と活用
統合データベースにより、各業務システムの情報を集約して管理できますので、総合窓口情報の共有を促進します。必要な手続きを早く、もれなく、手間なく案内でき、住民サービスの向上を実現します。また、集約した情報をEUC機能を活用することで、システムデータを幅広く活用することが可能になります。

【POINT2】人事異動時の負担を軽減
操作が直感的にわかり、担当者の人事異動時にもスムーズに引き継ぎできます。統一的な業務メニューと画面構成で、使いやすいシステムです。操作しながら、オンラインヘルプが活用でき、迷わずに業務を行えます。個人・世帯の情報を引き継いだ業務間遷移により、ワンストップに操作できます。

【POINT3】制度改正サポート
定例的に発生する制度改正にも、月額利用料内で対応。全国のネットワークを活かし、制度改正の情報を素早くキャッチし、ご提供します。
制度改正による運用の変更時も業務を熟知したSEが丁寧にサポートします。

サービス概要

システムラインナップ

■住民情報システム
複雑な情報もスピーディに登録できるよう、入力・チェック機能が充実しています。
登録事務全体を効率化します。
・入力補助機能・文字拡大表示機能の活用により、複雑な字形も簡単・確実に登録
・あいまい検索、旧姓・名のみ検索など、検索機能の充実で、対象者を素早く絞り込み
・データ更新前に、確認用帳票を出力することができ、入力誤りのチェックが可能
・DV、ストーカー情報の登録により、適切な発行制限

■保険システム
国民健康保険に関わる業務を、資格・賦課・給付のトータルで網羅します。
他業務とのシームレスな連携で、入力から各証の発行までがスムーズです。
・国保の資格情報から、該当者情報を展開
・即時で所得判定を行い、各証のスピーディな発行が可能
・異動・更正時には即時に賦課計算結果を確認・通知書を交付
・シミュレーション機能により、問い合わせにも迅速に対応

■税システム
システム全体で、複雑な課税事務をサポートします。
問い合わせ対応や計算結果のチェックを効率よく実施できます。
・照会業務に必要な情報を1画面で確認でき、問い合わせにもスムーズに対応
・履歴・年度比較で、差額を含めて1画面で表示
・変更箇所を容易に把握でき、適正な課税事務をサポート
・課税状況調べの機能活用で、事務作業の大幅な軽減
・滞納管理をはじめ、システム全体で、収納率向上策を実現

■福祉システム
自治体をとりまく、福祉環境のめまぐるしい変化にも、柔軟に対応できます。
住民情報とのデータ連携で、業務全体の効率をアップします。
・国や県の制度に準拠、新制度にも柔軟に対応
・市町村独自サービスについても、システム対応可能
・「福祉世帯」の概念を持ち、実際の世帯とは別の世帯であっても、同一世帯として所得判定が可能

■内部情報系システム
内部情報の共通基盤となる基本システムの活用で、人事異動・機構改革の情報を一元管理します。
業務負荷を大幅に軽減し、内部事務全体の効率化を実現できます。
・使用する業務・目的に応じて、「マイメニュー」を個人ごとに自由に登録
・「メモ」で情報を即座に登録し、担当者間での共用も可能
・マウスの右クリックで、かんたんにファイルを出力
・各業務共通で、電子決裁を利用でき、柔軟に決裁ルートを設定可能