ニュース

2016年11月29日

報道関係各位

株式会社インテック

インテック、帳票公開ソリューション「快速サーチャーGX」に新機能を追加 ~電子帳簿保存法のスキャナ保存をサポート~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:日下 茂樹、以下インテック)は、企業の帳票類の保管と活用をサポートする帳票公開ソリューション「快速サーチャーGX」に、「電子帳簿保存法」におけるスキャナ保存(帳票類をスキャンして作成した電子データによる保存)をサポートする新機能を追加し、本日より販売開始いたします。オプションライセンスをご購入いただくことで、「快速サーチャーGX」最新バージョンにて新規・既存のユーザの皆さまにご使用いただけます。

■新機能追加の背景
 「電子帳簿保存法」が2015年に改正、2016年より施行され、国税関係書類のスキャナ保存に関する要件が大幅に緩和されました。この法改正以前も、一定の要件を満たすことを条件にスキャナ保存は認められていましたが、要件が厳しく制度を利用する企業は多くありませんでした。
 今回、法改正によりスキャナ保存について緩和された主な内容は以下の通りです。
・記載された金額が3万円以上の契約書や領収書等の証憑類はスキャナ保存不可だったが、基準金額を廃止し金額に関わらずスキャナ保存が可能となった
・スキャナ保存の必須要件だった、入力者もしくは監督者の「電子署名およびタイムスタンプ」のうち「電子署名」の廃止

 この緩和により、スキャナ保存制度の利用未検討、または利用を見送ってきた企業での導入検討など、帳票・証憑類電子化の普及が見込まれています。
 このような背景から、「快速サーチャーGX」にスキャナ保存をサポートする新機能を追加いたしました。

■「快速サーチャーGX」新機能概要
 ①文書ファイル取込み時チェック機能
  PDFファイルの法的要件(解像度、サイズ等)自動チェックおよびアラート通知
 ②タイムスタンプ付与機能
  別途タイムスタンプ付与サービスとの契約なしで、タイムスタンプの付与が可能
  ※タイムスタンプ:電子化された文書に対し日時情報を電子署名化して添付することで、書類存在証明や非改ざん証明を行うもの。スキャナ保存要件の一つ
 ③証憑検索機能強化
  数値・日付の範囲指定検索、組合せ検索、空白項目検索、異なる証憑類の一括検索が可能
 ④文書ファイル検証機能
  タイムスタンプ一括検証、PDFファイルの情報表示が可能

■新機能を追加した「快速サーチャーGX」を利用することで得られるメリット
 ①証憑書類の電子化に関する作業のサポート
  法的要件の自動チェック機能やタイムスタンプ付与機能の搭載により、スキャナ保存要件を意識することのない運用が可能となるため、業務担当者は安心して電子化作業を行うことができます。

 ②保管・管理に関わるコストダウン
  電子化し強力な検索機能を活用することで、紙保管にかかっていたファイリングや証憑検索のための人手と時間を大幅に削減します。また、膨大な量の紙の保管場所にかかる費用等のコスト削減を実現します。

 ③基幹システムから出力される帳簿類とスキャニングした証憑書類の一元管理
  関連する帳票、証憑書類を「快速サーチャーGX」上で一元管理することで、まとめて検索、閲覧が可能になります。日々の業務や監査対応の効率化を図ることができます。

 インテックは今後も、企業内に存在する帳票および電子化された書類の保管や活用に役立つ機能を追加し、企業における帳票活用を推進していきます。


【快速サーチャーGXについて】
企業で大量に出力される多種多様な帳票を一元管理し、様々な用途で活用するために開発されたWeb対応の帳票公開システムです。利用者はブラウザから検索・閲覧でき、社内での利用はもちろん、インターネット経由で社外への帳票の公開や共有も可能な製品です。
・画像やバーコードを含むイメージ帳票においても、元の帳票そのままの表示や検索・印刷が可能
・専用プログラムのインストール不要、ブラウザのみで利用可能
・異なる複数帳票を一度に検索する定型検索を実装
・基幹システムから出力される帳簿類とスキャニングした証憑書類を一元管理
・「快速サーチャーGX」価格:300万円~/1ライセンス
・新機能オプションライセンス価格:100万円~/1ライセンス
http://www.intec.co.jp/service/detail/searcher_gx/


インテックについて
 お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、データセンター事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した高信頼性サービスを提供しています。インテックは、創業以来50余年にわたって培ってきた技術力をもとに、安全・安心で、便利で、Smartで、心地よい社会の実現を目指し、挑戦を続けてまいります。

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

「快速サーチャーGX」新機能概要イメージ ※本新機能は最新バージョン(Version 3.2)にて使用可能です。

本件に関するお問い合わせ

【報道関係のお問い合わせ】
株式会社インテック 東京総務部 広報担当
担当:高木   TEL:03-5665-5101 FAX:03-5665-9813

E-mail
press@intec.co.jp

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社インテック 
産業ソリューション事業部 ビジネスソリューション部
担当:西村 TEL:03-5665-5140 FAX:03-5665-5186

E-mail
itps_info@intec.co.jp