沿革

沿革

1964年 1月 「株式会社富山計算センター」創立
1966年 1月 新潟事業所開設
1967年 4月 東京事業所開設
1968年 8月 名古屋事業所開設
1969年 3月 高岡事業所開設
1970年 7月 仙台事業所開設
1970年10月 「株式会社インテック」に社名変更
大阪計算センター開設
1972年10月 札幌出張所開設
1973年 5月 金沢営業所開設
1976年 2月 九州計算センター開設
1977年 9月 医療情報システム「メディパック」発売
1978年 4月 四国センター開設
1979年 1月 創立満15年 インテック十五年史 [5.4MB]
1982年11月 名古屋証券取引所市場第2部上場
中小企業VAN業者として郵政省から認可
1983年 4月 大分センター開設
行政情報オンラインシステム「CIVION」発売
1984年 2月 広島センター開設
1984年11月 東京証券取引所市場第2部上場
1985年 4月 特別第二種電気通信事業者として第1号認可(同年 9月 事業開始)
1985年 8月 日用品雑貨業界VANプラネット設立
1986年 3月 インテック大阪ビル竣工
1986年 4月 食品業界VANファイネット設立
1986年 9月 東京・名古屋証券取引所市場第1部上場
1987年 4月 福井出張所開設
1987年 9月 国際ヴァン設立、翌年、日米間の付加価値通信サービス開始
1989年 3月 インテック・システム研究所設立
(2000年 2月 インテック・ウェブ・アンド・ゲノム・インフォマティクスに、
 2008年 4月 インテックシステム研究所に社名変更)
1990年 1月 富山県に大山研修センター竣工
1990年 8月 インテック横浜ビル竣工
1991年10月 ISDNサービス開始
1993年10月 長野公共センター開設
1994年 4月 本社ビルタワー111(トリプルワン)竣工
1995年 5月 情報技術分野でのISO9001審査登録
1995年 6月 金融機関向け情報系
ソリューション「F3(エフキューブ)」発売
1995年 7月 電子帳票システム 「快速サーチャー」発売
1998年 6月 インテック コミュニケーションズ設立
1998年 9月 アイ・ユー・ケイ株式を店頭公開
1999年 5月 東京本社インテック東京ビル竣工
2000年 2月 インテック仙台ビル竣工
プライバシーマーク使用許諾取得
2000年 6月 東京電力とデータセンター事業会社アット東京設立
2000年 9月 インテック コミュニケーションズが東証マザーズに上場
2000年12月 インテック・ウェブ・アンド・ゲノム・インフォマティクスが東証マザーズに上場
2001年 4月 新コーポレートマーク導入
2002年 6月 次世代インターネット戦略企画・研究のインテック・ネットコア設立
2002年10月 電通、博報堂など広告会社12社と広告EDIセンター設立
2003年 1月 インテック コミュニケーションズが東京証券取引所市場第2部上場
2003年10月 愛媛センター開設
2003年11月 中国・湖北省武漢市にインテック武漢設立
2005年 1月 インテック コミュニケーションズを吸収合併、アイ・ユー・ケイ、
インテック ソリューション パワーを完全子会社化
2006年 6月 インテック本社前ビルポートラムスクエア竣工
2006年10月 インテックホールディングス設立
2007年 1月 インテック武漢上海分公司開設
2007年 3月 事業所内保育施設「インテック キッズホーム」開所
2008年 4月 TISとの経営統合により、純粋持株会社ITホールディングス設立
山口センター開設
2008年 7月 インテックホールディングス、インテック・アイティ・キャピタル、インテック・ネットコアが、クラウド・スコープ・テクノロジーズを設立
ネクスウェイを完全子会社化
2009年 8月 北陸電力とデータセンター事業会社パワー・アンド・IT設立
2009年10月 インテックホールディングスを吸収合併
2010年 4月 インテックシステム研究所がインテック・ネットコアを吸収合併
日本システム技術を子会社化
2010年 7月 富山県高岡市にインテック万葉スクエア竣工
2010年12月 インテック武漢上海分公司を独立、インテック上海設立
2011年 4月 日本システム技術とインテックシステム研究所を吸収合併
2011年 5月 インテックのホームページをIPv6に対応
2012年 2月 タイ・バンコクにINTEC SYSTEMS BANGKOK設立
(2016年 1月 I-AGREX(Thailand)に社名変更)
2012年 4月 中国・遼寧省大連市にインテック大連設立
2012年 6月 広域仮想クラウドサービス「EINS WAVE」の提供開始
2012年 7月 ベトナム・ホーチミンにOARTECH VIETNAM設立
(2014年 7月 インテックベトナムに社名変更)
2012年10月 関電システムソリューションズと協業し大阪第2DC開業
2013年 1月 環境未来都市準備室を設置し、スマートシティへの取り組みを開始
2014年 1月 創立満50年 記念事業
2014年 6月 ITホールディングスグループ コーポレートマーク統一
2015年 6月 東京都三鷹市に東京第2DC開業
2015年 6月 米国・シリコンバレーにINTEC Innovative Technologies USA設立
2016年 7月 グループ名をITホールディングスグループからTISインテックグループに改称